ホーム | ブラジル国内ニュース | アルゼンチン=ビニョーネ元大統領死去=軍事政権最後の指導者

アルゼンチン=ビニョーネ元大統領死去=軍事政権最後の指導者

 7日、アルゼンチン軍事政権最後の大統領、レイナルド・ビニョーネ氏が、ブエノスアイレスにある入院先の軍病院で亡くなった。90歳だった。8日付ブラジル国内紙が報じている。
 ビニョーネ氏は、マルヴィナス戦争(フォークランド戦争)の最中の1982年7月、陸軍中将から大統領に抜擢された。だが、敗戦による軍の求心力低下と民主化の波には勝てず、83年12月に退陣。同月末に10年ぶりに行われた大統領選挙でラウル・アルフォンシン政権が誕生し、軍事政権は終了した。
 同氏は1976年から83年に至る、「汚い戦争」とも呼ばれる弾圧テロで、政治犯の殺害や拷問を行い、さらに死亡した政治犯の赤ちゃんを誘拐するなどの犯罪に関与した疑いが持たれ、長きにわたり、裁判でその責任を追及されていた。
 90年代のメネム政権の時、一度は恩赦されかけたが、2003年からのキルチネル政権誕生で一転。2010~16年に4度の告発を受け、計75年の実刑判決を言い渡された後、17年に終身刑の判決を受けて、服役していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民110周年=サントス日本語学校の完全返還=ようやく訪れた「本当の終戦」=(2)=政府批判に腰が引けていた邦字紙2018年7月13日 日本移民110周年=サントス日本語学校の完全返還=ようやく訪れた「本当の終戦」=(2)=政府批判に腰が引けていた邦字紙  ブラジル日本移民百周年の際に、百年史編纂に関わり、邦字紙の歴史を書いた。その時に痛感したのは、ブラジル政府批判に関して邦字紙はどこも腰が引けていたことだ。邦字紙には1941年にゼッツリオ・ヴァルガス独裁政権によって強制廃刊させられた辛いトラウマがある。  その当時の […]
  • ルーラと角栄2018年4月13日 ルーラと角栄  4月7日、遂にルーラ元大統領は逮捕され、収賄罪で刑執行となった。過去に政治闘争による大統領経験者の逮捕しかなかっただけに、この一件はブラジル民にとっては非常に大きな出来事だ▼「これを他の国の基準に当てはめたらどうなるのだろう」。そうしたことをふと考える。たとえばこれが […]
  • 詩人Fグラール死去=ブラジル前衛詩の第一人者2016年12月6日 詩人Fグラール死去=ブラジル前衛詩の第一人者  ブラジルの現代詩の第一人者として知られ、「ネオ・コンクレティズム」を推進した詩人のフェレイラ・グラールが4日朝、リオ・デ・ジャネイロ市で肺炎のため亡くなった。86歳だった。5日付現地紙が報じている。  マラニョン州サンルイス生まれのグラールは、若い頃から詩人として生 […]
  • キューバ=Fカストロと中南米=(上)=共産化恐れ軍政乱立=「革命家」から独裁者に2016年11月29日 キューバ=Fカストロと中南米=(上)=共産化恐れ軍政乱立=「革命家」から独裁者に  キューバのフィデル・カストロ前評議会議長が現地時間の25日、90歳でその一生を終えた。1959年のキューバ革命以来、1962年のキューバ危機でのアメリカとの対立のみならず、ブラジルを含めた中南米の歴史を大きく左右した同氏の影響について、2回にわたりたどっていく。   […]
  • 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘2016年11月1日 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘  全国統一市長選の決選投票を翌日に控えた10月29日午後、サンパウロ市のパウリスタ大通りで、アメリカ大統領選の共和党候補、ドナルド・トランプ氏を支持する派、しない派に分かれて市民が集まって集会を行ったところ、両者の議論が白熱し、乱闘騒ぎとなって、警察が出動し、4人を補導する事態 […]