ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》郵便局が国際小荷物受け取りで課金=郵便料金も9日から値上げ

《ブラジル》郵便局が国際小荷物受け取りで課金=郵便料金も9日から値上げ

 日本から小包を送ってもらったが、何の連絡もなく送り返されたとか、荷物が届いているから配送料金を払うよう通知が来たといった苦情が届くようになっている。
 これは、国際郵便で届く小荷物は輸入品とみなすとの方針と、従来は国税庁が課税対象とみなしたものだけに課していた配送料金を、全ての国際小荷物に課すようになった事から起きているトラブルのようだ。
 今年8月までの国際小荷物は、非課税ならそのまま配達されていた。また、課税対象になると、関税と商品流通サービス税(ICMS)、配送料金12レアルが徴収されていた。
 ところが、今年の8月27日からはシステムが変わり、全ての国際小荷物は配送料金15レアルを払わなくてはならなくなった。税関で課税対象とされた小荷物は税金も徴収される。どちらも、支払い後、数日間で配送される。
 国外からの荷物を受け取りたい人は、郵便局のサイトで荷物の状況を確かめ、支払い方法を選択する必要がある。
 状況確認の際は、郵便局のサイトのAcompanhe seu objetoというページを開き、13桁の荷物番号か納税者番号(CPFかCNPJ)で探す。
 非課税の荷物だと、支払い待ち(Aguardando pagamento)という表示が出て、支払い方法(払い込み票かカード)を選ぶ事が出来る。郵便局のシステムに未登録の人は、登録システム(Cadastre-se no idCorreio)に入り、利用者名とパスワードを登録する必要がある。
 料金を払いたくないから荷物は要らないという人は、受取拒否(Recusa de encomenda)を選択する事も出来る。
 課税対象となった荷物は、税関監査終了(Fiscalizacao aduaneira finalizada)の表示がなされる。この場合も、払い込み票とカードのどちらかで料金と税金を支払えば配送してもらえるし、受取拒否も出来る。
 なお、9日の郵便料金改定では、国内、国際双方の料金が平均で5・99%値上がりした。商用郵便物の最低料金(20グラム以下)は1・85レが1・95レに、非商用郵便物の最低料金は1・25レが1・30レになった。日本への封書は20グラムまでが4・80レとなっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • フラメンゴ=16歳の新星ヴィニシウス=レアル・マドリードに移籍決定2017年5月24日 フラメンゴ=16歳の新星ヴィニシウス=レアル・マドリードに移籍決定  リオの名門サッカークラブ、フラメンゴの弱冠16歳のFW、ヴィニシウス・ジュニオールが4500万ユーロ(55億8千万円相当)の移籍金でレアル・マドリードに移籍すると公式発表された。  現在16歳のヴィニシウスは、18歳の誕生日となる、2018年7月12日をもっての移籍 […]
  • 《ブラジル》純粋オリーブ油に大豆油?=農務省が32銘柄の販売禁ず2019年10月4日 《ブラジル》純粋オリーブ油に大豆油?=農務省が32銘柄の販売禁ず  農務省が2日、大豆油などが混入していたとの理由で、オリーブ油32銘柄の販売を禁じた。  農務省の通達は当初、33銘柄となっていたが、内一つは7月に販売禁止措置がとられていたため、今回の措置の対象は32銘柄となった。  禁止措置の対象となったのは、Aldeia da […]
  • ブラジルは犯罪規模も桁外れ=ギャングからの押収品の売却益だけで年50億円?2020年2月15日 ブラジルは犯罪規模も桁外れ=ギャングからの押収品の売却益だけで年50億円?  スポーツカー、高級住宅、プライベートジェット、農場や大量の家畜など…。これらは、ブラジル法務省がブラジルの犯罪者やギャング組織から押収し、売却した財産の一例だ。  昨年は、犯罪者たちが汚職や薬物密売などで違法に集めた財産を現金化して得られた利益が、9100万レアル( […]
  • 全国で大雨の被害広がる=川の氾濫や土地の陥没、家屋倒壊など2020年1月11日 全国で大雨の被害広がる=川の氾濫や土地の陥没、家屋倒壊など  夏の雨による被害はサンパウロ州だけでなく、全国各地で、何日も続く雨や、集中豪雨的な夕立などによる被害が報告されている。  その一例は北部のアクレ州で、増水したアクレ川の水位は、8日以降、14メートルを超えている。これにより、9日の夕方の時点で、ブラジレイア市で50世 […]
  • 《ブラジル》原油漂着問題=政府の対応に不満42%=北東部の不満度は50%に2019年12月24日 《ブラジル》原油漂着問題=政府の対応に不満42%=北東部の不満度は50%に  8月30日に始まった北東部への原油漂着(その後、南東部2州にも到達)に関し、5、6日に実施されたダッタフォーリャの世論調査で、国民の42%は政府の対応に不満を持っている事が判明したと23日付現地紙・サイトが伝えた。  16歳以上の国民2948人に質問した結果、原油問 […]