ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ=大型ロック・フェスにまで黄熱病の注意=市保健局が観客にワクチン接種の勧め

サンパウロ=大型ロック・フェスにまで黄熱病の注意=市保健局が観客にワクチン接種の勧め

 サンパウロ市の保健局は8日、23日~25日に市内南部のインテルラゴス・サーキットで行われるロック・フェスティバル、ロラパルーザに行く予定の人たちに、開催の10日前までに黄熱病のワクチン接種を受けるよう勧告を行った。
 サンパウロ市近郊では昨年後半から山あいの自治体で黄熱病の患者の発生が増えている上、17年10月に市北部の州立公園で見つかった猿の死体から黄熱病のウイルスが検出されたことなどから、サンパウロ市内でも黄熱病が広まる可能性が出て、市北部での予防接種がはじまった。
 ブラジルでは1942年以来、いわゆる「都市型」と呼ばれる黄熱病の発生は記録されていないが、その後も別の公園での猿の死体が発見された上、サンパウロ市から出たことがない市民の中からも黄熱病を煩う人が出はじめたことなどから、1月末からは第2次予防接種キャンペーンも展開されている。
 一方、毎年3月下旬に開催されるロラパルーザは、常時20万人以上の観客動員を誇る、市内最大の集客イベント。今年は中でも特に売れ行きが良く、24、25日の公演分のチケットは既に売り切れ。動員新記録となる、30万人超えの観客の入りも予想されている。
 だが、開催場所のインテルラゴス・サーキットが郊外に近く、南部でも猿の死体が発見された地区があることや、極めて多くの人々が出入りすることから、保健局が勧告を決めた模様だ。
 黄熱病のワクチンの場合、摂取から10日以上を経ないと効力がないため、ロラパルーザに行く人は、最低でも13日までには予防接種を受けておきたいところだが、日程的に見て、ゆとりはない。加えて、このフェスティバルは全国から人が集まることでも有名なため、サンパウロ市外、サンパウ州外の人がワクチン対策を採れない可能性があるのも問題だ。
 保健局は既に公式サイトで、ワクチン摂取の実施場所の一覧を発表するなどの対応を行なっている。詳しくはhttp://www.prefeitura.sp.gov.br/cidade/secretarias/saude/vigilancia_em_saude/doencas_e_agravos/index.php?p=243611で確認を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】自粛生活に耐える沖縄県人=会活動は当面、完全停止=『群星』6巻編纂に集中2020年10月1日 【日本移民112周年記念】自粛生活に耐える沖縄県人=会活動は当面、完全停止=『群星』6巻編纂に集中  新型コロナウイルスによる外出自粛令が発令されてから早くも7カ月――。「沖縄県人の団体活動もコロナの影響で止まり、自粛生活続きです。このコロナ禍生活は『群星』(むりぶし)第6巻の発刊準備に専念しています」。ブラジル沖縄県人移民研究塾の宮城あきら塾長(82歳、沖縄県)はそ […]
  • 【日本移民112周年記念】コロナ禍で世代交代の光明=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 市川利雄2020年10月1日 【日本移民112周年記念】コロナ禍で世代交代の光明=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 市川利雄  今年、コロナウイルスによる未曾有の災禍の中、ブラジル日本移民112周年を無事、終えることができたことをうれしく思います。関連する行事を支えてくださった皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。  ご承知のようにブラジル日本都道府県人会連合会(県連)は各県 […]
  • 《サンパウロ市》家屋販売が46・3%増加=4カ月連続増で史上最良2020年10月1日 《サンパウロ市》家屋販売が46・3%増加=4カ月連続増で史上最良  ブラジル資産調査社(Embrasp)によると、サンパウロ市では家屋販売が増えており、8月は前月比で46・3%、昨年同月比では35・0%増の6350軒が売れたと9月29日付現地紙サイトが報じた。  新規家屋の売り出し数は8039軒で、前月より207・5%増、昨年同月比 […]
  • 東西南北2020年10月1日 東西南北  ブラジルが誇る世界的な音楽フェスティバル、2021年版「ロック・イン・リオ」の日程が9月29日に発表された。1985年に大成功を収め、伝説になった同フェスは、2011年から隔年開催となり、その都度大きな話題を呼んできた。21年度版の開催予定日は9月24~26日、9月30~10 […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(15)2020年10月1日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(15)  1934年から1940年にかけて、ブラジル中央日本人会(1937年)、日伯産業組合中央会、日伯農業協会などが、1935年には画家による聖美会、在ブラジル日本人同仁会(1929年連邦政府認可)の医師らによる日本病院建設計画も進められ、1940年には日本商業会議所が設立さ […]