ホーム | イベント情報 | AOSP=文協で蘭展、本日から

AOSP=文協で蘭展、本日から

 サンパウロ蘭協会(AOSP、森本ルシア会長)は「第98回AOSP蘭展」を16から18日まで、サンパウロ市文協の貴賓室(Rua Sao Joaquim, 381)で開催する。金、土曜は午前9時から午後7時、日曜は午後6時まで。
 1000から1200もの蘭が展示される。また、今年の特徴はブラジルの有名なジャーナリストや女優の名前が付けられていること。恒例の即売会や本、アクセサリーの販売も行なわれる。
 全日午前10時、午後2時、4時の3回に分けてワークショップも予定されている。森本会長はジョルナル・ニッパク紙の取材に「国内の不況は回復に向かいつつあるので、購入を躊躇する時間は終わった。蘭を好きな人は写真を撮りに来るだけでも来て欲しい」と来場を呼びかけた。
 問合せは、AOSP(11・3207・5703)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月29日 東西南北  サンパウロ市保健局の発表によると、8月31日~9月18日のコロナウイルスによる死者増加率が最も高かったのは西部のヴィラ・ソニア区。死者は96人から137人に41人も増え、42・71%の上昇となった。隣接するモルンビも、47人から62人にと31・91%増えて4位、ピニェイロスは […]
  • 10月からデカセギ入国再開可?=ユーチューバーらが先走り=管政権発表で期待過熱気味=総領事館「具体的情報なし」2020年9月29日 10月からデカセギ入国再開可?=ユーチューバーらが先走り=管政権発表で期待過熱気味=総領事館「具体的情報なし」  菅新政権は23日から、全世界からの入国を条件付で可能にする緩和を始めることで調整に入ったとの報道が日本で流れた。それを受けて先週から日系ブラジル人ユーチューバーや関連ポルトガル語サイトが誇張した〝解説〟を流し始めている。いつからデカセギは実際に訪日再開できるのか。在サ […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(14)2020年9月29日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(14)  日本国内からの移民送出圧力が高まる中、米国への流れを途絶されたわけだ。困った日本政府は1924(大正13)年からブラジル渡航の移民全員に船賃支給をするなどの国策を開始したため、この流れは本格的にブラジルに向くようになった。  日本のラジオ放送は1925年3月に約50 […]
  • 日野さん日本語教育講演=ポルトガル語で再開催2020年9月29日 日野さん日本語教育講演=ポルトガル語で再開催  ブラジル移民について考えよう会とブラジル日本語センターが協賛として開催した「移民について考えよう会」が、10月3日に改めてポルトガル語版で開催されることが決定した。  当日は、前回の日本語版と同じくブラジル日本語センター教育副理事長を勤める日野寛幸さん(73歳・福岡 […]
  • 【日本移民112周年記念】サクラ中矢食品創業80周年=醤油を国民的調味料に=カンノエージェンシー代表 菅野英明2020年9月29日 【日本移民112周年記念】サクラ中矢食品創業80周年=醤油を国民的調味料に=カンノエージェンシー代表 菅野英明 市場占有率75%の快挙  『サクラ(Sakura)』ブランドの醤油は、中産階級の60%以上が食卓必需品と認める。そんなブラジルを代表する食品会社を親子2代で育てたのが日系二世の中矢レナト健二だ。現在75歳。40歳で社長に就任し、以来、ブラジル醤油業界近代化のリーダ […]