ホーム | 日系社会ニュース | 広島文化センター=定期総会と新年会を開催=野口在聖総領事も出席

広島文化センター=定期総会と新年会を開催=野口在聖総領事も出席

野口総領事、平崎会長、村上副会長

野口総領事、平崎会長、村上副会長

 ブラジル広島文化センター(平崎靖之会長)が25日、2018年度定期総会と新年会を開催した。総会には約55人が出席、新年会には野口泰在聖総領事が駆けつけ新年を祝った。
 総会では平崎靖之会長が開会挨拶を述べた後、先没者へ一分間の黙とうが捧げられた。昨年度事業報告後、石井ケルソン第一会計理事と平延渉前理事が会計報告を実施。昨年度の収入48万4775レアル、支出が53万2880レ計上され、4万8105レの赤字。
 その主因は昨年度に広島県から送金された108万円(約3万レ)の引出しを行っていないこと、60周年記念誌編纂作業費が1万7千レもの予算越えとなったことなど。
 18年度予算案は収入69万4350レアル、支出59万2703レアルと発表された。
 会館の修繕工事が終了し、安定した賃貸収入の増加が見込まれる。また、昨年9月に防犯カメラを設置し、月1万レアルの夜警費用の削減によって、本年度は収支決算の好転が期待できるとされている。
 その他、村上副会長から「広島県農業青年ブラジル国派遣事業」、次山千恵子事務局員から「青少年交流事業」、平延コーディネーターから「記念誌発刊」について発表があった。
 総会終了後、新年会も行なわれ、野口総領事が出席した。挨拶に立った野口総領事は「私は山口県出身で、隣の広島にはよく行っていた」と懐古した。橋岡勉プレシデンテ・プルデンテ支部長の音頭で乾杯が行われ、食後には平崎会長が野口総領事に「創立60周年記念誌」を贈呈した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 週末案内(10月21、22日)2017年10月19日 週末案内(10月21、22日) 21日(土曜日)      いけばな草月流サンパウロ支部創立50周年記念花展、午前10時、SESCサント・アマーロ(Rua Amador Bueno, 505)、日曜も      ◎  日本語祭り、午前10時、ブラジル日本語センター(Rua […]
  • 宿世(すくせ)の縁=松井太郎=(13)2015年8月1日 宿世(すくせ)の縁=松井太郎=(13)  太一は自分では偏屈とはおもってはいないが、どういうものか人からは好かれないのであった、母は好いてくれたが、父からは嫌われ、弟妹たちからは疎んじられた。そしてはなからは逃げられている。 もしこれが、はなとの不縁が平和の時代だったら、それを機会に太一は家を出ていただろう。とこ […]
  • サンパウロ市メトロ=15日にルス、レプブリカ駅=ブタンタン方面便利に2011年9月13日 サンパウロ市メトロ=15日にルス、レプブリカ駅=ブタンタン方面便利に ニッケイ新聞 2011年9月13日付け […]
  • 文協新事務局長=中島剛氏が挨拶2003年6月4日 文協新事務局長=中島剛氏が挨拶 6月4日(水)  ブラジル日本文化協会の中島剛エドワルド事務局長(四三)が、安立仙一前事務局長と来社し、就任のあいさつを行った。 […]
  • 出席者で記念撮影。最前列右から4人目が前園さん、5人目が石田さん2015年5月6日 『楽書倶楽部』創刊5周年=最新27号は大部156頁=チリ、ミナス州からの寄稿も  創刊して3号ほどで休刊・廃刊する雑誌が多いことを〃3号雑誌〃というが、雑誌『楽書倶楽部』は創刊5周年を迎えて第27号を発刊し、その記念親睦会を25日に文協の県連会議室で開催した。つぶれる雑誌や新聞があっても、創刊することは珍しい昨今、5年続いてなお執筆陣を増やしているのは […]