ホーム | ブラジル国内ニュース | ルーラ=リオ・グランデ・ド・スル州で右翼の抗議に=選挙運動の前途は多難か

ルーラ=リオ・グランデ・ド・スル州で右翼の抗議に=選挙運動の前途は多難か

ムヒカ元ウルグアイ大統領(左)とルーラ元ブラジル大統領(Ricardo Stuckert)

ムヒカ元ウルグアイ大統領(左)とルーラ元ブラジル大統領(Ricardo Stuckert)

 ルーラ元大統領は19日、選挙キャンペーンのためにリオ・グランデ・ド・スル州の2市を訪問したが、右翼団体からの抗議活動に遭遇した。20日付現地紙が報じている。
 収賄と資金洗浄で第2審でも12年1カ月の実刑判決を受けたルーラ氏は、2審後も大統領選に備えての遠征活動を続けている。この日はリオ・グランデ・ド・スル州バジェーのパンパ連邦大学を訪れた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ