ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》秋の初日に大嵐が発生=各所で水害、死者も2人

《サンパウロ市》秋の初日に大嵐が発生=各所で水害、死者も2人

 暦の上では秋となったばかりの20日午後、サンパウロ市を猛烈な雨が襲った。市内各所で水害が発生し、高齢女性と赤ん坊の2人が亡くなると共に、少なくとも6人の負傷者が発生したと、22日付現地各紙が報じた。
 この大雨は、残暑の空気に寒冷前線がぶつかって発生したもので、多くの建物が倒壊し、62本の樹木も倒れた。
 大水によって冠水し、通行不能となった道路も多数あった。その中にはマルジナル・チエテ、レボウサス大通りなどの主要道路があり、5月23日大通りと7月9日大通りの交差地点でも大水の被害が起きた。
 市内西部アグア・ブランカ地区のファヴェーラで発生した家屋の倒壊、流失事故では、1歳8カ月(「1歳程度」とも)の赤ん坊が命を落とした。同地区の負傷者は3人に上った。
 市内北部のリマン地区では大水による激流に直撃された家屋が倒壊し、中にいたヴィトリアーナ・レオンさん(80~85歳と地元報道も錯綜)が亡くなった。
 西部のアウト・デ・ピニェイロス地区のシルヴィア・セレステ・デ・カンポス街では、倒れた樹木の下敷きになった男性が重傷を負った。
 サンパウロ市緊急事態管理センターによると、20日午後6時現在の平均降水量は35ミリだった。これは3月の月間平均降水量(175・5ミリ)の約2割だ。最も雨量が多かったのは65・1ミリの西部で、55・3ミリのセントロが続いた。市は、市民が命を落としたことを悼むと共に、雨量は平均を大きく上回っていたとの書面を出した。
 20日午後11時までの段階で、消防には、少なくとも62本の樹木倒壊の通報と、増水による市民の孤立化や建物倒壊に伴う出動要請が25件入っていたという。
 20日の雨は交通にも大きく影響した。市内各所で、停車していた車が水に浮かんでいる様子もみられ、胸の高さまで水に浸かりながら進もうとする市民もいた。5月23日通りや7月9日通りは通行止めとなり、セントロではアニャンガバウーのトンネルも一時封鎖された。
 午後8時にはサンパウロ市交通工学公社(CET)が、監視対象道路の9・7%で交通渋滞が発生しており、この時間帯の平均渋滞率6・2%を大きく上回っていると発表した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認2019年1月30日 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「1月定例役員会」を24日、援協本部ビルで開催した。19、20年の新執行部が発足してから初の役員会となった。  議事及び報告では、日伯福祉援護協会の定款改訂、ならびに、援協創立60周年記念キャンペーンの実施が承認された。   […]
  • サンパウロ市=バスが自転車集団はねる=内3人が死亡する惨事に2019年1月29日 サンパウロ市=バスが自転車集団はねる=内3人が死亡する惨事に  26日、サンパウロ市西部ピリトゥーバのバンデイランテス高速道で、バスが28人のサイクリング集団をはね、28日までに3人が死亡する事故が起きた。27日付現地紙が報じている。  事故は26日午前10時30分頃、バンデイランテス高速道がマルジナル・チエテやマルジナル・ピニェイロス […]
  • 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン2019年1月10日 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン  「昨晩サンパウロは30度の熱帯夜だったそうですが、カンポスは12度でしたよ」――標高1600メートルもあり、「ブラジルのスイス」と名高い避暑地サンパウロ州カンポス・ド・ジョルダン市。そこにある日本食レストラン「高原」(Trav. Isola Orsi, […]
  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]