ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁=ルーラの人身保護令の審理を本日実施=刑執行か否かの重要判断に

《ブラジル》最高裁=ルーラの人身保護令の審理を本日実施=刑執行か否かの重要判断に

 最高裁のカルメン・ルシア長官は21日、ルーラ元大統領に対する人身保護令適用を認めるか否かの審理を、22日に急遽行うと発表した。ルーラ氏への刑執行の時期はこの判断に大きく委ねられることとなる。21日付現地サイトが報じている。
 ルーラ氏は1月24日に、2審にあたる連邦第4地域裁(TRF4)で収賄と資金洗浄の罪で12年1カ月の有罪判決を受けている。26日に行われるTRF4の控訴審で判決が覆らなければ、即座に刑の執行が可能な状態となる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ