ホーム | ブラジル国内ニュース | 米国鉄鋼関税=ブラジルは一時的に免除=交渉の行方は予断を許さず

米国鉄鋼関税=ブラジルは一時的に免除=交渉の行方は予断を許さず

 【既報関連】米国通商代表部のライトハイザー代表は、22日に開かれた米国下院公聴会で、米国はブラジルを鉄鋼・アルミ関税対象国から一時的に外すと表明したと、23日付ブラジル国内各紙が報じた。
 米国のトランプ大統領は、今月8日に、「23日からカナダとメキシコを除く諸国からの鉄鋼製品に25%、アルミニウム10%の関税を課す」と発表していた。課税開始直前に対象から一時的に外されたのは、ブラジル、アルゼンチン、オーストラリア、韓国、欧州連合(EU)だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ