ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》今年8月から来年7月までの穀物収穫予想発表=史上最高だった2年前に迫る勢い

《ブラジル》今年8月から来年7月までの穀物収穫予想発表=史上最高だった2年前に迫る勢い

広大な国土を誇るブラジルは、大豆やとうもろこしを中心に大規模農業が行われている(参考画像・Jonas Oliveira/ANPr)

広大な国土を誇るブラジルは、大豆やとうもろこしを中心に大規模農業が行われている(参考画像・Jonas Oliveira/ANPr)

 ブラジル国家配給公社(Conab)は11日、2018/19農年(18年8月から、19年7月末まで)の穀物総収穫高は、2億3360万トンから2億3850万トンの間になるだろうとの予測を発表した。
 前年度の17/18農年の収穫高は2億2790万トンだった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 対イラン貿易3倍増狙う=制裁解除後の関係強化求め=旧来の親イ路線アピール2016年1月20日 対イラン貿易3倍増狙う=制裁解除後の関係強化求め=旧来の親イ路線アピール  16日に発表された米国とEUの対イラン制裁解除を受けて、ブラジル政府は今後5年以内に、イランとの貿易額を3倍にする見通しを持っていると19日付フォーリャ紙が報じた。 15年の伯イ両国間貿易総額は16億7千万ドルだった。この額は、経済制裁が課される前年の11年の23億7千万ドル […]
  • 麻州戦略担当局長が講演=商議所昼食会で投資呼びかけ2015年11月28日 麻州戦略担当局長が講演=商議所昼食会で投資呼びかけ  ブラジル日本商工会議所(村田俊典会頭)が『11月定例昼食会』を6日、サンパウロ市マクスードプラザホテルで開催し、会員ら約160人が参加した。講師には麻州戦略担当局長のグスタヴォ・ピント・コエーリョ・デ・オリヴェイラ氏が招かれ、「同州開発の政策」をテーマに講演した。 同州の面積 […]
  • 高岡の農場責任者、デニスさん2014年6月6日 サンパウロ市でビオフェア開催中=有機・自然商品いろいろ  環境に配慮した安心・安全な商品を求める消費者の声の高まりを受け、今年も4日から4日間、アグロエコロジーとオーガニック商品を扱う国内唯一の見本市『ビオ・ブラジル・フェア』『ラテン・アメリカBIOFACH』がイビラプエラ公園内ビエナーレ館で始まった。10回目。 […]
  • サンパウロ州南西部で粟栽培拡大=小麦の代わりに植え付け2010年8月26日 サンパウロ州南西部で粟栽培拡大=小麦の代わりに植え付け ニッケイ新聞 2010年8月26日付け […]
  • ブラジルは世界3位に=米・EUに次ぐ食糧輸出2010年3月10日 ブラジルは世界3位に=米・EUに次ぐ食糧輸出 ニッケイ新聞 2010年3月10日付け  世界貿易機関(WTO)は6日、ブラジルが08年に、カナダを追い抜き世界で第3位の食糧輸出国になったと発表したことを7日付けエスタード紙が報じた。 […]