ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ大統領がアルゼンチン大統領と会談か=3月初旬にも実施とも

《ブラジル》ボウソナロ大統領がアルゼンチン大統領と会談か=3月初旬にも実施とも

 ボウソナロ大統領が、アルゼンチンのフェルナンデス大統領と3月初旬に会談を行う意向があるという。13日付現地紙が報じている。
 この会談がこの時期に行われようとしているのは、3月1日に行われるウルグアイの新大統領ルイス・ラカージェ・ポウ氏の就任式に二人共、出席するためだ。
 アルゼンチンのフェリペ・ソラー外相が12日に、ブラジリアの大統領官邸でボウソナロ大統領との会談後に会見に応えたもので、同外相によると「首脳会談を申し入れたのはボウソナロ氏の方だった」という。
 両大統領の関係は、ボウソナロ氏が昨年、アルゼンチンを訪問した際にマウリシオ・マクリ(当時)大統領の再選希望と公言したことや、フェルナンデス氏が大統領選中にボウソナロ氏を批判したことから気まずい雰囲気となっていた。
 ソラー外相は、両大統領が会談で「メルコスルについて話すことは間違いないだろう」との見解を表明した。
 同外相は、「メルコスルが成長するためには、世界のほかの地域との自由貿易を行っていかなければならない」と話している。

image_print

こちらの記事もどうぞ