ホーム | 日系社会ニュース | ラーモスで在外公館表彰受賞=日本人歌手井上祐見さんに=「皆様を代表して頂く賞」

ラーモスで在外公館表彰受賞=日本人歌手井上祐見さんに=「皆様を代表して頂く賞」

式典後に歌声を披露する井上さん(提供:小林チャーリーさん)

式典後に歌声を披露する井上さん(提供:小林チャーリーさん)

 【既報関連】移民女性の心情を歌った「ソウ・ジャポネーザ」などで有名な日本人歌手の井上祐見さん(42、愛知県)への在外公館長表彰式が3月24日夕方、サンタ・カタリーナ州フレイ・ロジェリオ市内のラーモス移住地で行なわれ、井上さんは歌声も披露し来場者を魅了した。式典には在クリチーバ総領事館の木村元(はじめ)総領事、小林雄二同移住地文協会長、ジャイール・ダ・シルバ・リベイロ同市長ら約120人が参加した。

 式典では木村総領事から井上さんの功績が紹介され、「約20年間、日本の歌を通じて日伯及び南米の関係強化に貢献するなどした。日系の若い世代の間では太鼓、Yosakoiソーランと並んでカラオケが人気。井上さんの歌謡を通じた日本と中南米の関係強化は非常に効果の大きな活動であり、その貢献に対して深く感謝する」と述べた。
 挨拶後、井上さんに表彰状が手渡され、会場からは拍手が沸き起こった。井上さんの表彰はラーモス移住地からの推薦によるもの。木村総領事の発案でラーモス移住地、また近隣の人が表彰式に参加できるようラーモス移住地文協に式典開催を委託した。
 井上さんは「ブラジルでの初公演から20年が経ち、節目の年に大変大事な賞を頂けたことは身に余る光栄。今日の受賞はこれまでの活動を応援して下さった皆様を代表して頂くものであり、ひとえに皆様のご支援の賜物」と感謝を述べた。
 井上さんは1998年の初来伯から日伯を行き来しブラジル各地で歌謡ショーを行ってきた。2015年12月には息子の笠戸丸ともやすくんと共に長崎市寄贈の「ナガサキ誓いの火」を同移住地の平和資料館に運び、分灯セレモニーを行なうなど平和交流活動に貢献した。
 ほかにリベイロ市長、小林会長も井上さんの活動に感謝を述べた。
 式典後、ラーモス日語学校の生徒を中心に移住地の住民総出で「私の町ラーモス」(作詞=本多清香、作曲=神津善行)を大合唱し、井上さんらを歓迎した。この合唱の様子はビデオに収められ、神津氏に届けられることになっている。
 元ラーモス日伯文化協会会長、同移住地創設などに関わった本多文男さんの音頭で乾杯が行なわれ、夕食になった。その間、井上さんによる謝恩の歌謡ショーが行われた。舞台衣装に着替えた井上さんは会場に降り参加者の間で歌うなどしながらたっぷり10曲を披露した。
 木村総領事も舞台に上がって一曲披露し会場を盛り上げ、ショーが終わると総領事の音頭取りで会場はアンコールの大合唱へ。井上さんは「For You」(高橋真梨子)を歌いあげ、再度会場の人々を惹きこんだ。
 ショー終了後は参加者と井上さんらとの記念撮影となり、和やかな交流の場となった。


□関連コラム□大耳小耳

 ラーモス移住地の住民の間では、木村元在クリチーバ総領事は「発想が柔軟でお役人的なところが少なく、若者との交流にも積極的。着任挨拶では参加者を爆笑の渦に巻き込むなど大変ユニーク」と評判が高いという。なんと、ブラジルでカラオケ大会出場経験もあるそう。総領事は、井上さんにプロ歌手としての歌唱技術などを質問したりして話が弾み、お互いに良い出会いだったと喜んでいたとか。2人が盛り上がる中、「次はクリチーバで公演だ!」という声も飛んでいたという。次回のブラジル公演ではきっと、再びクリチーバの舞台に立ちそうだ!?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 春の叙勲=ブラジルから5氏受章=佐藤風太郎氏、山脇ジョルジ氏ら2016年4月29日 春の叙勲=ブラジルから5氏受章=佐藤風太郎氏、山脇ジョルジ氏ら  日本政府は29日に2016年(平成28年)春の叙勲受章者を発表した。ブラジルからは邦人叙勲1人、外国人叙勲4人の計5人が受章。在聖総領事館、在ブラジル日本国大使館、在クリチーバ総領事館の三管内から選ばれた。 在聖総領事館管内では、佐藤風太郎さん(78)が旭日双光章を受章した。 […]
  • 核兵器廃絶の想い日伯で共有=ラーモス平和資料館に分灯=未亡人「最後まで感動づめ」2015年12月16日 核兵器廃絶の想い日伯で共有=ラーモス平和資料館に分灯=未亡人「最後まで感動づめ」  サンタカタリーナ州ラーモス移住地の平和資料館で12日午後、「長崎平和の灯」分灯セレモニーが行われ、近隣の小中学生や地域住民ら約150人が参加した。日伯120周年を記念してブラジル・日本「平和の絆」交流会(中嶋年張代表)が主催した事業で、歌手の井上祐見と息子笠戸丸ともやす君が〃 […]
  • 120周年で初期移民を顕彰=若手日系人が「縁」公演2015年9月15日 120周年で初期移民を顕彰=若手日系人が「縁」公演  日系三、四世の若者が「先祖に感謝を伝えたい」との想いから「エン・ラッソス」(水本エリアネ代表)を結成し、先月29日、サンパウロ市リベルダーデのFECAP劇場で外交120周年記念公演「縁―運命の絆」を行った。400人収容の会場はほぼ満席になり、観客は若手の新たな試みを温かい目で […]
  • (左から)駐伯社員の中西恒彦さん、竹内理事、兵庫県人会の尾西顧問2015年4月23日 日伯協会 竹内康雄理事来伯=就任挨拶と自社工場視察に  住友ゴム工業(兵庫県神戸市)の人事総務部主幹、竹内康雄さん(61、大阪)が14日、財団法人「日伯協会」(兵庫県神戸市)の理事として来社あいさつに訪れた。14年5月30日から就任している。 8年間理事長をつとめた西村正さん(川崎重工顧問)が退任し、13年6月から三野哲治さん […]
  • 「天皇陛下ご夫妻が皇太子時代に来伯された折り、警備を担当させてもらった」との思い出を語る池田マリオさん(1月24日撮影)2015年2月21日 定年後に移民史研究に熱中=池田さん 水野龍や勝ち負け抗争に=大統領子孫招き〃移民祭〃も=『Cリンポス(清浄な心)』刊行したい  連邦警察でコンゴーニャス空港署の署長まで務めた池田マリオ清高さん(68、三世、パラナ州アサイ出身)は、定年退職後に移民史研究に目覚め、笠戸丸移民だった祖父母の池田栄太郎・ミヤノ夫妻への興味から水野龍の調査を始め、現在ではフリージャーナリストの外山脩さんと協力し合いながら勝 […]