ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ルーラ裁判前に検察庁長官が見解表明=「対応の遅れは司法制度の欠陥」

《ブラジル》ルーラ裁判前に検察庁長官が見解表明=「対応の遅れは司法制度の欠陥」

 ルーラ元大統領が逮捕逃れのために申請した人身保護令の審理前夜の3日、ラケル・ドッジ連邦検察庁長官が、「司法界の対応の遅れは司法制度の欠陥」との見解を表明した。
 3日の検察庁高等審議会(CSMP)での発言は、「『無罪の推定(無実である可能性と上告する権利を認める事)』は世界中で認められている大切な権利であり、ブラジルでも尊重されるべきだが、4回の裁判を経なければ刑が執行出来ないという事になれば、司法制度は形骸化する」との見解を示す過程で行われた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ