ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》ドリア氏の知事選出馬で波紋=民主社会党から離党者が続出

《サンパウロ州》ドリア氏の知事選出馬で波紋=民主社会党から離党者が続出

 サンパウロ市市長のジョアン・ドリア氏(民主社会党・PSDB)が、現サンパウロ州副知事のマルシオ・フランサ氏(ブラジル社会党・PSB)に対抗する形でサンパウロ州知事選に出馬することで、PSDBから離党者が続出するなど、同党に波紋が広がっている。2日付エスタード紙や3日付フォーリャ紙が報じている。
 企業家出身でPSDBでの党員歴が浅いドリア氏は、16年のサンパウロ市長候補の予備選でも党内で物議を醸した。この予備選で敗れたアンドレア・マタラゾ氏は、25年所属した同党を離党した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ