ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ジウマ前大統領がパサデナ問題で責任問われる=購入時に必要な審議行わず

《ブラジル》ジウマ前大統領がパサデナ問題で責任問われる=購入時に必要な審議行わず

 連邦警察は、ペトロブラスによる米国のパサデナ製油所買収に伴う過払い問題に関し、同公社経営審議会議長だったジウマ前大統領らの責任を追及する意向を固めた。4日付エスタード紙が報じている。
 ペトロブラスによるパサデナ製油所購入は、2006年に決まった。ベルギーのアストラ・オイル社は同製油所を05年に4200万ドルで購入したが、ペトロブラスは50%購入の時点で3億5900万ドル払った。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ