ホーム | ブラジル国内ニュース | セアラー州=州都で7階建住居ビル倒壊=1人死亡10人が行方不明

セアラー州=州都で7階建住居ビル倒壊=1人死亡10人が行方不明

 15日午前、セアラー州都フォルタレーザ市で7階建て住居ビルが倒壊し、少なくとも1人が死亡、10人ほどが行方不明になる痛ましい事故が発生した。15日付伯字サイトが報じている。
 事故現場は富裕層が多く住むジオニージオ・トーレス区で、「エジシフィオ・アンドレーア」というビルが、午前10時30分頃に倒壊した。消防隊によると、この倒壊で20人ほどの人が瓦礫の下敷きになったと推測されている。
 このビル倒壊は敷地内だけでなく、接している通りにまで影響を及ぼした。事故当時、路上には車やトラックが駐車しており、そこにも瓦礫が直撃した。その通りは通行止めにされ、消防隊はガス漏れや。漏電事故が起こるのを恐れて、近隣住民らに避難を勧告した。
 この倒壊による、近隣住宅の倒壊の恐れはないという。
 消防隊による救出作業が行なわれ、午後3時現在までに60歳の女性や20歳の男性など8人が救出され、近くの病院に運ばれた。
 午前11時43分に最初の遺体が確認された。親族からの報告を元にすると、行方不明者は10人に及んでいる。
 消防隊によると、倒壊の原因として、ビル内のメンテナンス作業により引き起こされた可能性があるという。
 カミーロ・サンターナ・セアラー州知事(労働者党・PT)はブラジリアにいたが、この事故を聞きつけて、予定をキャンセルしてフォルタレーザへと向かい、遺憾の声明を発表している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2006年6月27日 コラム オーリャ!  国際歩け歩け大会で最高齢参加者として表彰を受けた高橋幸太郎さん(87)は毎週末、リベルターデ広場からパウリスタ通りまでを歩く。  さらにベテランが集う陸上競技の会にも参加し幅跳びなども行う。所要時間を計り、自分の体調の目安にしている。 […]
  • Tryfunds=創業8カ月で当地に事業所=進出企業支援、若い力で=丹野社長「可能性に満ちている」=ブラジル側のニーズ実感2013年5月24日 Tryfunds=創業8カ月で当地に事業所=進出企業支援、若い力で=丹野社長「可能性に満ちている」=ブラジル側のニーズ実感 ニッケイ新聞 2013年5月24日  昨年9月に創業した日本のブラジル進出支援・市場調査会社『Tryfunds』(本社・東京)の丹野裕介代表取締役社長(25、埼玉)とビジネスプロデュース事業部の松井一樹さん(25、岩手)が9日から来伯、同社の支援によりブラジルで事業展開を目指す […]
  • 東西南北2019年1月17日 東西南北  昨日の話題は、本面でも報じている、ボルソナロ大統領が出した銃規制緩和の大統領令一色となっている。国民の間で議論が尽きない話題ではあるが、それとは関係なしに気になったのが、大統領が同令に署名する際に使ったボールペンだ。これは「BIC」社のもので、国内であればどこの文房具店でもか […]
  • 大耳小耳2012年6月19日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年6月19日付け […]
  • 大耳小耳2014年9月25日 大耳小耳  ピラール敬老会の余興には、再結成3年目の青年会「青春組」も登場した。地元会員だけでなく、近隣のソロカバやサンパウロ市在住者も週一度土曜日に集まって練習を重ね、「フラッシュ・モブ」というダンス演目を披露したとか。最後は岡村正美文協会長なども舞台に引っ張りだし、会場を大いに盛 […]