ホーム | 文芸 | 連載小説 | 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳 | 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(238)

臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(238)

 藤森坂松は1953年2月27日、第一地区裁判所の長官がシーセロ・トレード・ピザのとき、尋問を受けた。山口県出身の藤森は当時、62歳だった。両親は藤森初次郎、藤森キミで、ずっとアララクアァーラに住み、農業をつづけていた。弁護にはジョン・ベルナデス・シルバが当たった。
 また同日に、しみろが同じ判事に尋問を受けた。熊本県出身で59歳だった。アララクァーラからジャボチカバル農場に移転していた。藤森と同じ弁護士がついていた。7年まえ、臣道聯盟の調査を担当していたDOPSのカルドーゾ・メーロ審議官に申し立てしたのと同じことを判事にくり返した。署名した証人者は知らぬ人間で、組織の指導者ではなく、ただの会員で、同市に住んでいた日本人を襲撃したことなどない。本人が住んでいた周辺には襲撃事件などなかったと証言した。
 1953年3月17日、シーセロ・トレード・ピザ判事のあとを受けたプリニオ・ゴメス・バルボーザ判事は、湯田幾江の尋問に当たった。湯田は福島県出身、湯田進とミツの息子で40歳、ずっと、アララクァーラのサンベント街1000番に居住していた。書類によると、弁護士はマンソ・デ・トレードとなっているが、本当はモアシール・マンシオ・デ・トレードだったと思われ。湯田は他のお者と同様に襲撃に加わったことはなく、調書の証人者を知らず、臣道聯盟の一会員に過ぎなかったと証言した。
 正輝の旧友で相談役だった同郷の津波元一は1953年3月23日、プリニオ・ゴメス・バルボーザ判事により調べを受け、また湯田幾江の弁護にあたったモアシール・マンシオ・デ・トレード弁護士だった。
 尋問時の公証翻訳人はジョゼ・サンターナ・ド・カルモだった。(書類にはジョセー カルモ・サンターナとタイプされていた)
 当時、津波はアララクァーラのマタドウロ街70番地に住んでいた。津波だんしち、カマの息子で、57歳、商人。以前の取り調べどおりにすべてを弁護士に任せた。臣道聯盟の一会員であるが、組織の幹部にではなく指導者の会合には一度も出席したことがない。どこかで襲撃があったことは聞いていたが、自分たちの所属支部では一度もなく、襲撃に参加したことはないと証言した。できるだけ早い判決を願い、その承認を得た。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■尋ね人■藤井(旧姓吉田)美智子さんを知りませんか?2011年7月9日 ■尋ね人■藤井(旧姓吉田)美智子さんを知りませんか? ニッケイ新聞 2011年7月9日付け  佐賀県庁国際課から、同県に住む坂井種登さんが親戚の藤井美智子さん(旧姓吉田)を探していると佐賀県人会に問い合わせがあった。 […]
  • マガリの展示会の様子(Paulo Pinto/Fotos Públicas)2015年4月17日 サンパウロ市地下鉄=「マガリ」展を開催中=「モニカ」の親友も生誕50年  4月10日から30日まで、サンパウロ市中央部の地下鉄セー駅で、ブラジルを代表する漫画「トゥルマ・ダ・モニカ」の主要キャラクターのひとりである「マガリ」をテーマにした展示会、「フラッシュエクスポ・マガリ」が開催されている。 「トゥルマ・ダ・モニカ」はマウリシオ・デ・ソウザ氏 […]
  • 大耳小耳2017年10月18日 大耳小耳  ブラジル日本文化福祉協会女性コーラス部が、28日午後4時半から、バウルー市パロッキア・コラソン・デ・ジェズス(Rua Dr. Romildo Brunharl, […]
  • 長田さん(右)に賞状を手渡す稲嶺市長2014年8月21日 サンパウロ市=名護市長迎えて歓迎会=「長生きしてよかった」  南麻州カンポ・グランデ市と、ボリビアでの沖縄県民入植記念式典に合わせ来伯した稲嶺進名護市長ら5人の慶祝団を招き、ブラジル名護市親睦会(末吉業幸会長)が15日夜、ニッケイパラセホテルで歓迎会を行なった。名護市出身者やその子弟約50人が出席し、〃名護んちゅ〃の友好を深め合った […]
  • シロ、選挙権登録をサンパウロ州へ移す2009年10月3日 シロ、選挙権登録をサンパウロ州へ移す ニッケイ新聞 2009年10月3日付け  シロ・ゴーメス下議(PSB=ブラジル社会党)は1日、選挙権登録をセアラー州からサンパウロ州へ移したと2日付けフォーリャ紙が報じた。 […]