ホーム | 日系社会ニュース | 熊本県人会=上塚周平墓参りツアー開催へ=清原会長が新方針打ち出す

熊本県人会=上塚周平墓参りツアー開催へ=清原会長が新方針打ち出す

総会に出席した皆さん

 ブラジル熊本県文化交流協会(清原健児会長)は3月1日午前11時から、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館で定期総会を開催し、20人余りが出席した。
 日下野良武理事長が司会を務め、小山田(おやまだ)祥雄(さちお)元会長が議長を担った。奥村ネルソンさんが19年度事業、坂本マリナさんが19年度会計報告を行い、拍手で承認された。
 続いて奥村さんが20年度事業計画、坂本さんが予算案を発表、同様に拍手で承認となった。

新方針を発表する清原会長

 清原会長は今年の方針として「通常会員は年150レアルのまま。だけど会費クラス分けを増やし、余裕のある人には企業会員(3千レアル)などの他のクラス会員を作り、そちらを勧めたい」と説明した。さらに「まだ県人会の存在を知らない人がいる。新しい会員を増やしながら、既存の500家族会員とのつながりを復活させ、一人でも多く会費を払ってもらえるように働きかけたい」と意気込んだ。
 大サロンの利用料(非会員1500レ、会員1千レ)の値上げ案も出たが、理事会の判断に委ねることになった。
 4月25日(土)には、祖父が熊本出身のブラジル陸軍少将のエドソン・マサユキ・ヒロシ氏(52、三世)を囲む会を開催する予定。昨年末に現職に昇進し、サンパウロ州カンピーナス市の陸軍11師団司令官に着任し、約4500人を指揮する将官になった。
 さらに5、6月頃には、熊本出身で「日本移民の父」と呼ばれる上塚周平が眠るプロミッソンに墓参りツアーをする予定になっている。初めての試み。
 清原会長によれば「熊本が誇る城南町の偉人を忘れないように、皆で訪ねようと思い、企画しました」とのこと。20人程度で県人会員以外も参加可能。一泊二日を想定。リンスの温泉ホテルの宿泊しながら、プロミッソンの熊本関係者と交流し、公園や墓地など上塚翁のゆかりの地を回るという。
 問合わせは同協会事務局(11・5084・1338)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に2020年9月22日 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に  2年に一度、サンパウロ市で開かれる本の祭典「ビエンナーレ」が、史上初のヴァーチャル版で開催される事になった。今年のビエンナーレは12月7~13日に開催される。  ビエンナーレは第26回目で、10月に開催されるはずだった。新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛などで、今年 […]
  • 《サンパウロ市》新型コロナ抗体を14%所持=裕福な地域ほど感染者増加2020年9月22日 《サンパウロ市》新型コロナ抗体を14%所持=裕福な地域ほど感染者増加  サンパウロ市市役所が行った調査によると、住民の13・9%は既に新型コロナウイルスに感染し、抗体を持っている事がわかった。  新型コロナ抗体率を調べる調査は5回目で、市内全域の保健所(UBS)472カ所の管轄の住民の中から無作為に選ばれた2226人を調査した結果、抗体 […]
  • サンパウロ市長選=世論調査で今回もフッソマノ1位=現職にはコロナ対策で54%支持=極左PSOLが3位に2020年9月22日 サンパウロ市長選=世論調査で今回もフッソマノ1位=現職にはコロナ対策で54%支持=極左PSOLが3位に  世論調査会社「IBOPE」がサンパウロ市長のブルーノ・コーヴァス氏(民主社会党・PSDB)に対する調査を行った結果、新型コロナウイルス対策に関して54%が評価しているという結果が出た。だが、市政に関しては「良い」の評価が28%、「悪い」も28%と拮抗していることもわか […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=感染者と死者が増加=連休で警戒に緩み?2020年9月22日 《ブラジル》コロナ禍=感染者と死者が増加=連休で警戒に緩み?  ブラジルでの新型コロナウイルスの感染拡大はいったん減速したが、13~19日には感染者、死者共に増え、外出自粛が緩んでいた事を窺わせている。  ここの所、1週間(日曜~土曜)ごとの新たな感染者や死者の数の推移は、感染拡大が減速化している事を示していた。だが、先週は感染 […]
  • 人権相に中絶妨害疑惑=強姦被害の10歳少女に2020年9月22日 人権相に中絶妨害疑惑=強姦被害の10歳少女に  8月に社会問題となった、強姦されて妊娠した10歳少女の中絶に関する問題で、ダマレス・アウヴェス人権相が、少女の中絶手術に干渉しようとしていた疑惑が浮上した。  これは21日付フォーリャ紙が報じたもの。ダマレス人権相は、8月上旬に少女が中絶手術を受けることを知った際、自身の側 […]