ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》デング熱の死者昨年の倍超す=リオ州はチクングニアが深刻

《ブラジル》デング熱の死者昨年の倍超す=リオ州はチクングニアが深刻

 ブラジル保健省が、6月10日現在のデング熱の患者数は59万6380人で、死者数は366人に達したと発表したと24日付現地紙サイトが報じた。
 同省によると、昨年同期のデング熱による死者は139人で、今年は2倍以上になっている。内188人(51・3%)は60歳以上だった。慢性病患者も重症化しやすく、治り難いという。
 同省では、10日現在の擬似症患者(感染が疑われるが確認されていない患者)は112万7千人で、昨年同期の17万3630人の6倍以上となっている事にも注目している。
 増加が特に目立つのはサンパウロ州とミナス・ジェライス州で、4月1日から6月10日の10週間の間に報告された擬似症患者77万4280人の96・5%は、両州で発生している。
 デング熱同様に蚊が媒介する病気では、チクングニア熱の擬似症患者が6万5830人に達し、15人の死者が出ている事も報告された。死者が出た州と死者数は、バイア州1人、連邦直轄区1人、リオ州13人で、リオ州は特に深刻だ。
 ジカ熱は、6530人の擬似症患者が報告されており、昨年同期の5090人より増えているものの、死者は報告されていない。
 妊婦のジカ熱擬似症患者は1680人で、その内の299人は感染が確認された。妊婦の擬似症患者の39・4%(118人)はリオ州で報告されている。その他の州は、エスピリトサント16・7%(50人)、ミナス8・3%(25)、アラゴアス6・3%(19人)、マット・グロッソ・ド・スル4・0%(12人)、パライバ3・6%(11人)、マット・グロッソ3・3%(10人)となっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル・アクレ州》州都でデング熱が急増=緊急事態宣言発令で、蚊の繁殖防止活動を強化2019年2月21日 《ブラジル・アクレ州》州都でデング熱が急増=緊急事態宣言発令で、蚊の繁殖防止活動を強化  1月1日から26日までに、一千件を超すデング熱発症の疑われる症例が発生したブラジル北部アクレ州の州都リオ・ブランコは、180日間を期限とする緊急事態宣言を発令したと、20日付ニュースサイトG1が報じた。  蚊の集団発生は90%が住宅内や空き地で起きている。20日付ア […]
  • 《ブラジル》蚊が媒介する病気に注意=ミナスとリオは流行状態2019年4月26日 《ブラジル》蚊が媒介する病気に注意=ミナスとリオは流行状態  暦の上では秋のブラジルだが、気温が高く、雨も多いため、蚊が媒介する病気が急増中だ。ここ数日の報道で目立つのは、ミナス・ジェライス州でのデング熱とリオ州でのチクングニア熱だ。  23日付G1サイトなどによると、ミナス州では、第1四半期のデング熱患者(真性患者と擬似症患 […]
  • デング熱=年頭の11週間で23万人=昨年同期の3・5倍超す2019年3月27日 デング熱=年頭の11週間で23万人=昨年同期の3・5倍超す  保健省が25日、3月16日までの11週間に確認されたデング熱患者は22万9064人で、昨年同期の264%増と発表した。  1月1日~3月16日の患者が22万9千人に及んだ事で、患者の発生率は10万人当たり109・9人となった。  また、今年のデング熱による死者は6 […]
  • リオ州でマヤロウイルス確認=チクングニア熱と誤診の可能性2019年5月24日 リオ州でマヤロウイルス確認=チクングニア熱と誤診の可能性  ブラジル北部や中西部でチクングニア熱などに似た症状の患者発生をもたらしていたマヤロウイルス(MAYV)が、リオ州で発見されたと16、17日付現地紙サイトなどが報じた。  MAYVはデング熱、チクングニア熱、ジカ熱などと同様、蚊が媒介。マヤロ熱という病気を引き起こす。 […]
  • デング熱=サンパウロ州北部、北東部で流行の兆し=殺虫剤の夜間散布を行う市も2019年1月24日 デング熱=サンパウロ州北部、北東部で流行の兆し=殺虫剤の夜間散布を行う市も  サンパウロ州のアドルフォ・ルッツ研究所は州内北部、北東部の19市で、デング熱2型のウィルスが広がっていることを発見したと、22日付現地サイトが報じている。  サンパウロ州保健局によると、このウィルスは、以前に他の型のデング熱ウィルスに感染した患者に対してより深刻な症状を引き […]