ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》陸軍司令官発言で国内外に大きな波紋=「軍の介入か」と疑われ

《ブラジル》陸軍司令官発言で国内外に大きな波紋=「軍の介入か」と疑われ

 陸軍のエドゥアルド・ヴィラス・ボアス司令官が3日に軍のツイッターで行った発言が、国内外に強い波紋を投げかけている。5日付現地紙が報じている。
 ヴィラス・ボアス司令官は3日、4日の最高裁での審理でルーラ元大統領への人身保護令適用が認められた場合を想定して、陸軍のツイッターで「罰を負わせないままに終わるようなことは許されないこと」と発言。これが多くの人に「軍の介入か」と思わせ、ネット上が混乱した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ