ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》バス停で寝ていた老人を殺害=少年3人が借金の腹いせに?

《ブラジル》バス停で寝ていた老人を殺害=少年3人が借金の腹いせに?

戻ってきてからも暴行を加えている少年達(2日付G1サイトの記事の一部)

 11月29日未明、ブラジル中西部ゴイアス州のシダーデ・オシデンタル市で、バス停で寝ていた66歳の男性を16歳の少年1人と17歳の少年2人が殺害する事件が起きた。
 殺害されたセバスチャン・エヴァリストさんは路上生活者ではないが、酒に酔うと、バス停などで寝てしまう事がしばしばあったという。
 少年達は同日未明、バス停の椅子で寝ていたエヴァリストさんをみつけて駆け寄り、蹴飛ばしたり殴ったりした後、椅子から歩道に引き摺り下ろし、さらに暴行を加えてから立ち去った。
 だが、3人はまもなく戻ってきて、被害者の頭に石を投げつけ、さらに暴行を加えた。エヴァリストさんは現場で亡くなり、遺体となって発見された。
 彼らの行動は防犯カメラに録画されており、3人共、警察に身柄を拘束された。3人の少年は警察で、エヴァリストさんは彼らから麻薬を買って使用していたが、代金をきちんと払っていなかったから殺したと供述したが、エヴァリストさんが本当に麻薬常用者であったか否かは、まだ確認出来ていないという。
 殺人容疑の少年3人は2日現在もまだ身柄を拘束されており、釈放か、少年院入りかは今後の裁判によって決まる。(2日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ市》6月祭りの会場で集団殺人=銃乱射で10歳女児ら5人が死亡2020年6月30日 《リオ市》6月祭りの会場で集団殺人=銃乱射で10歳女児ら5人が死亡  リオ市北部アンシエタ区で28日未明、6月祭り(フェスタ・ジュニーナ)の会場で集団殺人事件が起こり、10歳の女児を含む5人が死亡した。  リオ市警殺人課によると、この事件は麻薬密売に関する縄張り争いが原因で起きたものだ。事件を目撃した地元住民達によると、6月祭りはエル […]
  • 《ブラジル》売れ残りの食べ物の寄付認める=貧困者やホームレス援助の意味で2020年6月26日 《ブラジル》売れ残りの食べ物の寄付認める=貧困者やホームレス援助の意味で  ボウソナロ大統領が24日未明、バールやレストランなどが客に供するために用意したが、売れ残った食べ物を寄付するというプロジェクトを承認し、同日付連邦官報に掲載した。  寄付の対象となる食べ物は、賞味期限内でまだ傷んでいない事、包装などの衛生基準を満たしている事などが条 […]
  • 《ブラジル》南からバッタ、北からサハラ砂塵=養分豊富だが健康懸念も2020年6月27日 《ブラジル》南からバッタ、北からサハラ砂塵=養分豊富だが健康懸念も  ブラジル南部ではアルゼンチンからバッタの大群の襲来懸念が続く中、北部ではアフリカ北部のサハラ砂漠からの砂塵到来が起きようとしていると26日付現地紙サイトなどが報じた。  アルゼンチンを襲ったバッタの大群は、トウモロコシやキャッサバ(マンジョッカ)などに甚大な被害をも […]
  • 《リオ市》献血者の28%にコロナの抗体=4月の調査時の12倍に2020年6月17日 《リオ市》献血者の28%にコロナの抗体=4月の調査時の12倍に  新型コロナウイルスによる感染者や死者が全国で2番目に多いリオ州の献血センターで、献血者がコロナウイルスに対する抗体を持っているか否かを調査したところ、28%の人が抗体を持っている事がわかった。  リオ州保健局の管轄下にある州立アルトゥル・シケイラ・カヴァウカンチ血液 […]
  • サンパウロ市人気子役殺人事件=友人2人が殺害犯に協力=金や車借り、なお逃走中2020年6月18日 サンパウロ市人気子役殺人事件=友人2人が殺害犯に協力=金や車借り、なお逃走中  昨年7月に聖市で起きた、元人気子役俳優のラファエル・ミゲルさんとその両親の銃殺事件で、逃走中の犯人の企業家に、友人2人が食物や金を与えるなどして助けていたことが判明した。16日付現地サイトが報じている。  人気子役だったラファエル・ミゲルさんは、23歳の誕生日だった […]