ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル・セアラー州》10歳少女を叔父が強姦=絵と文で示し、母に告げる

《ブラジル・セアラー州》10歳少女を叔父が強姦=絵と文で示し、母に告げる

事件を報じた16日付G1サイトの記事の一部

 ブラジル北東部のセアラー州内陸部ジュアゼイロ・ド・ノルテ市で、10歳の少女が79歳の叔父から性的暴行を受けていた事を母親に告げ、訴えられた叔父が裁判を受ける事になった。
 少女が警察に送ったのは、猿轡をはめられて話せない少女の絵と、詳細を記した手紙だ。手紙によると、インターネットで調べていて初めて、叔父の行為が性的暴行に当たる事を知ったという。
 「叔父さんが自分にしていた事が何なのかを調べ始めたら、自分が2年もの間、性的暴行に遭っていた事がわかったの。でも、お母さんに言うまでにはその後も1カ月かかったわ」と手紙には書かれている。
 猿轡をはめられた少女の絵には、「悪魔」「醜い奴」「サイコパス(精神病質者)」などの言葉が書き込まれていた。
 また、同じ紙にはにこやかな人の絵が描かれており、「可愛い」「素晴らしい」「ふくよか」といった言葉が書き込まれていた。
 少女は「彼が自分の上に覆い被さって、私の体を手で触ったの。それがいやで逃げようとしたけど、だめだった」という表現で、暴行を受けている間に逃げ出そうとしたが、逃げ出せなかった事も書き記している。
 叔父が暴行を加えていた事を少女が母親に打ち明けたのは、今年3月に娘の様子に気づいた母親が問いただしたためで、こうした事態は数年続いていたという。
 少女の母親は、自分が幼かった時にも同じような暴行を受けていた事を認め、警察に行くと、少女の叔父(母親にとっては義兄弟)を訴えた。
 容疑者はすぐに逮捕されたが、高齢である事と健康上の問題がある事から、9月には自宅軟禁に切り替えられたという。
 母親によると、少女の他にも容疑者に暴行されたと訴えた子供が6人いる事がわかっており、今月中にも裁判が行われる見込みだという。(16日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サウト市=チエテの水が真っ黒に=Cetesb職員調査へ2014年11月28日 サウト市=チエテの水が真っ黒に=Cetesb職員調査へ  サンパウロ州内陸部のサウト市で27日朝、市内を流れるチエテ川の水が真っ黒になり、環境問題の専門家達が懸念を表明と同日付G1サイトが報じた。 25、26日と雨が続き、増水したチエテ川が真っ黒になっている事に気づいた市民達は、不安げに川を見守ると共に市環境局に連絡。市民が撮影 […]
  • 1月の小売前年比3%減=車販売は前月比31%縮小2015年2月4日 1月の小売前年比3%減=車販売は前月比31%縮小  サンパウロ市商業協会(ACSP)が2日、1月の小売は現金払いで昨年同月比3・2%、分割払いで同3・9%減ったと発表した。一方、全国での車の販売(乗用車と商用軽量車、トラック、バスを含む)は昨年同月比で18・8%、前月比では31・4%減り、過去4年間で最悪だったと3日付エス […]
  • NAK・母に捧げる歌謡祭2006年5月11日 NAK・母に捧げる歌謡祭 2006年5月11日(木) […]
  • ナナー・ヴァスコンセロス死去=ブラジルを代表する打楽器奏者2016年3月10日 ナナー・ヴァスコンセロス死去=ブラジルを代表する打楽器奏者  ブラジルを代表するパーカッション奏者のナナー・ヴァスコンセロスが9日朝、入院先のペルナンブッコ州レシフェの病院で肺がんのため亡くなった。71歳だった。9日付伯字紙サイトが報じている。 1944年にレシフェで生まれたナナーは幼い頃から音楽、とりわけ打楽器に強い興味を覚え、196 […]
  • 東西南北2008年11月14日 東西南北 ニッケイ新聞 2008年11月14日付け  「国際糖尿病予防の日」にあたる十四日。サンパウロ州都電ブラス駅では十~十四時、地下鉄アウト・デ・イピランガ駅では九~十七時に、血糖値と血圧検査(無料)を実施。      ◎ […]