ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 4日、最高裁でのルーラ元大統領への人身保護令適用か否かの判事投票の結果が出る前に、ジウマール・メンデス判事は最高裁を後にし、ポルトガルのリスボンへ渡航した。リスボンでのイベントはかなり前に決まっており、同判事は、初日の講演を終えた後、この審理のためだけに一時期国していた。もとはといえば、当初「2審有罪で刑執行」に賛成だった同判事が意向を翻したことでややこしくなっていた今回の問題。HC適用派が勝っていたら、反対派の国民が同判事を目の敵にしたであろうことは想像に難くない。投票の順番を変えてもらい、途中退場してのリスボン行きは、「袋叩きに合う前の脱出」という意味もあったのだろうか。
     ◎
 4日、サンパウロ市地下鉄4号線のオスカー・フレイレ駅が開通したが、入り口の一つはまだ工事中で、そこが使えるのはしばらく先とのこと。当初の予定より8年遅れでの開業だったのに、きちんとした形でのスタートにはならなかった。それでも、4日夜のTVでは早速、州政府のCMが流れ、アウキミン知事辞任前の地下鉄の駅開業ラッシュは州政府の手柄の如く語られた。5日開業の5号線モエマ駅、6日開業のモノレール4駅はいかに。
     ◎
 4日開催のサッカーのブラジル杯4回戦、サンパウロはアトレチコ・パラナエンセに1―2で敗れた。サンパウロはパラナエンセの本拠地、バイシャーダ・アリーナではこれで19年間も未勝利だ。サッカーにも相性はあるだろうが、ここまで勝てないのはよほど苦手ということか。同カード第2戦はサンパウロの本拠地モルンビで行われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年9月4日 東西南北  1日から本格的に大統領選の政見放送がはじまり、世間の注目を集めはじめた。強烈なインパクトを残したのは、結局、ルーラ氏を使った放送が出てしまった労働者党(PT)のものだが、いざ放送がはじまってしまうとやはり、持ち時間で印象がだいぶ違う。時間が長いアウキミン氏やメイレレス氏はやは […]
  • 東西南北2018年7月31日 東西南北  ブラジルでは現在、大統領選に向けた党大会の真っ最中だ。次の日曜の5日までが開催期間だが、ほとんどの大統領候補はいまだに副候補が決まっていないのが現状だ。大型連立に成功したジェラウド・アウキミン氏は、たくさんの支援政党の中から誰を選ぶのかが注目されるし、少数政党の人気候補ジャイ […]
  • 東西南北2018年4月25日 東西南北  ダッタフォーリャが行った調査によると、ルーラ元大統領が逮捕された現在においても、労働者党(PT)が国民に最も人気のある政党で、支持率が20%あることがわかったという。PTは1999年以来、国内で最も支持されている政党だ。ジウマ前大統領の罷免騒動の際はその人気が9%に落ち込んで […]
  • 東西南北2018年4月12日 東西南北  ルーラ元大統領の逮捕と受刑開始は、しばらく尾を引きそうだが、「明日はわが身」と戦々恐々の日々を送っているのが、労働者党(PT)の政敵の民主社会党(PSDB)の政治家だ。14年の大統領候補だったアエシオ・ネーヴェス上議は来週17日に被告になるか、ならないかの最高裁審理が控えてい […]
  • 東西南北2018年1月27日 東西南北  24日のルーラ元大統領の2審目有罪は国際的にも大ニュースとなった。ただ、報じ方のニュアンスで多少違いが出ている。米国紙は概ね、「政治生命の終わり」や大統領選出馬の危機といった報道が目立っているが、南米やスペインの新聞などでは、今後の控訴の可能性や中南米における左翼の動揺などに […]