ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。これは、同局で32年間続いている日曜夜の人気番組だ。「僕は(番組司会者の)ファウストンを心から尊敬している。彼の後任は最高の名誉だ」と話している。大統領になるより、司会者人生としての勲章の方を優先したようだ。2014年から出馬を噂され続け、今回はボルソナロ氏打倒の一番手とも目されていたが、ルーラ氏出馬で諦めたか。
     ◎
 16日午前8時頃、フンダソン・カーザ(少年院)の職員が起こした抗議行動により、サンパウロ市北部マルジナル・チエテ(中央レーン)の車線が通行止めになる事態が起きた。職員たちはヅットラ街道の出口付近の4車線中3車線を封鎖した上、バリケードに使ったタイヤに火をつけた。彼らの要求は、給与改善とコロナ禍で増えた保健プランの自己負担の削減、食事手当の増額とか。スト行使は労働者の権利だが、交通妨害の必要はあるのか。
     ◎
 今日はサッカーのコパ・アメリカで、ブラジル代表が午後9時から、第2戦のペルー戦に臨む。会場は、リオのニウトン・サントス・スタジアムだ。今大会はコロナ禍の中、多くの人の反対を押し切っての開催のためか、国民の関心も低く、13日のベネズエラとの開幕カードは同杯歴代最低視聴率を記録した。セレソンにとっては逆境の中での試合となる。他国の選手やスタッフ、ホテルの従業員など、50人以上の感染者も出ている大会。最後まで無事に続けられるかも気がかりだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月30日 東西南北  今日30日午後5時から、リオ市マラカナンでサッカーのリベルタドーレス杯の決勝戦、パルメイラス対サントス戦が行われる。この2チームはオールド・ファンにはおなじみの老舗中の老舗チームだ。1960年代のサントスにはペレが在籍し、黄金時代を築いたが、その時代はパルメイラスの黄金期でも […]
  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボルソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボル […]
  • 《ブラジル》サッカー=全国選手権は8月から=最終節が終わるのは2月?2020年6月30日 《ブラジル》サッカー=全国選手権は8月から=最終節が終わるのは2月?  ブラジルサッカー連盟(CBF)とサッカークラブの代表40人が25日にビデオカンファレンスを行い、今年の全国選手権(Brasileirao)は8月9日からで、試合数は38節までという線を出した。  8月9日から全国選手権開催という話は、この頃にはコロナウイルスの感染拡 […]
  • 《ブラジル》コロナショックにサッカーチームが立ち上がる=スタジアムや練習場を医療用地として提供2020年3月24日 《ブラジル》コロナショックにサッカーチームが立ち上がる=スタジアムや練習場を医療用地として提供  ブラジルでは現在、新型コロナウイルスの感染が広がっており、国内全域でプロサッカーの公式戦が中断され、リベルタドーレス杯などの国際大会や、カタールW杯南米地区予選も延期が発表された。  試合がない中、選手の体力や試合勘を落とさないよう、トレーニングだけでも行いたいところだが、 […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]