ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(77)

どこから来たの=大門千夏=(77)

 文句を言うと、もう他に部屋はないという。さすがに腹が立って大声で文句を言った。するとどうだろう机の下からすっと鍵が出てきた。「この部屋は湯がでるよ」だって。知っていても苦情が出るまで知らぬ顔をしている。だから何事も常に文句を言い、大声でドナル、ガナル、ワメクと物事がスムースに行くという事がやっとわかった。こちらの顔つきが悪くなりそうです!
 景色に感動し、食事に満足し、でも人間にアキレ、おどろき、憤慨の日々。
 もう二度とこの国には来ないぞ!。
 いよいよ日本に帰る日、夕方公園に行った。少し夕焼け雲が赤く染まっている。夕涼みに人々が集まってきた。若夫婦、孫を連れたお年寄り、買い物帰りの女性。三々五々と公園のベンチに腰を下して夕涼みをしている。
 六〇歳くらいのおじさんが屋台を引っ張ってやってきた。大蒸し器にポウズ(蒸し豚饅頭)を並べて熱々を売り始めた。これはどこで買ってもおいしい。旅行の終わりにこれを食べよう。最後の思い出に。
 と言うわけで、二個買ったら日本円で八〇円だった。熱々で中にはたっぷりの肉が入っている。美味しかったので又二個買いに行った。
 そこでゼスチャーをして、とてもおいしかった事を伝えると、痩せた歯の抜けたおじさんは満面笑みを作って喜んで、それから無精ひげをちょっとさわって、ほんの数秒、頭をかしげて三〇円でいいと言った。おまけに一個余分に入れてくれた。三個で三〇円。
 えええ、安くしてくれ過ぎじゃあないの! 思わずニコニコとする私を見て、友人は、「初めから一個一〇円だったのよっ」あ、ナルホド。
 これが旅の最後を締めくくった。
 よかった。よかった。やっと良い思い出をもらった。         (二〇一二年)


二〇一二年 お正月雑感(アルゼンチン)

 去年のクリスマスから我が家に遊びに来ている息子の家族は、元旦といえど、だらしなくいつまでも寝ている。
 私は一人ベランダに出て「四方拝」をする。
 東西南北の神様に柏手を打ってご挨拶をすることで、毎年正月に父がやっていたことを、見よう見まねでするだけのことだが、我が一族が健康と繁栄をもらえるような確信を得るから、やはり正月というのは特別な日である。
 それがすむと台所の椅子に座って、正面の壁に張り付けてある南極の青い氷の写真を吸い込まれるような気持ちで見入った。光を受けて輝く氷の絶壁、青く光る氷河、どれを見ても第一級の夢の世界。
 二年前、世界最南端にあるアルゼンチンのウシュアイアという街に行った。
 南緯五五度の地点にあるこの町はアラスカから続いているハイウェーの終点でもある。一万七八四八㎞と標識が立てられている。ここは坂の多い街、常に冷たい強風が吹いている町、大自然が残っている町だ。
 ブエノス・アイレスから三二〇〇㎞もあるが、南極迄はわずか一〇〇〇㎞。
 ここから南極行きの船が出ていると聞いて、わざわざサンパウロから五〇〇〇㎞も旅をしてやってきたのに、船会社の美人のお姉さんは「今朝、南極行きは出ました」とそっけない。次の船は十日先だという。この町で十日もぶらぶらしてはおれない。何という不運。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(102)2018年5月24日 どこから来たの=大門千夏=(102)  一九六三年、神戸港を出発しました。(あれから五〇数年経った今頃になって、両親には大変な心配をかけた、親不孝したと気がついて申し訳ない思いをしています。)西回りの船を選び、あちこち寄港のたびに観光してまわり、六〇日かけて世界半周。船酔いもせず旅を楽しみました。  沖縄――香港 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(100)2018年5月22日 どこから来たの=大門千夏=(100)  何年たっても同じ状態が続いた。子供達が、「うちの母はね、音楽が鳴りだすと血相を変えて怒るの、本気で怒るのよ、あんな人見た事ない」と話している。かといって日々の生活に別段困る事もなく、以前と同じように昼間は仕事をし旅行もする。良くなろうという努力を最初はしたが、今では無音の生活 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(101)2018年5月23日 どこから来たの=大門千夏=(101)  夫の好きな野の花…カタバミが、コップの中で小さく震えていた。  曲は静まり返った巨大な遺跡中に響き渡り、隅々にまで緩やかに流れ、そして灰色の雲を突き抜け青い空に向かって、宇宙に向かって何時までも消えることなく広がって行く。  今、二人の子供を何とか育て上げたこと、助け合っ […]
  • どこから来たの=大門千夏=(97)2018年5月17日 どこから来たの=大門千夏=(97)  午後から博物館に行ったがここにも何もない。こんなに文明文化のない国を見たのは初めてだ。  しかし、考えてみると一六世紀から三三〇年間スペインの植民地になり、其のあと五〇年間アメリカの植民地になった。独立できたのは一九四六年である。自国の文化を持つ余裕などなかった。求める私の […]
  • どこから来たの=大門千夏=(98)2018年5月18日 どこから来たの=大門千夏=(98)  彼は日本の大手の建築会社に務めていた事、ほとんど世界をまたにかけての仕事で外国生活の方が長かった事。「定年間際、アフリカで駐在員をしていた時、家内が急死しまして私一人になってしまいました。日本は住みにくい。どっか外国に…と考えて、まず昔仕事で来たことのあるフィリピンに来たんで […]