ホーム | ブラジル国内ニュース | 世界屈指の高金利国ブラジル=金利引き下げに取り組むブラジル中銀

世界屈指の高金利国ブラジル=金利引き下げに取り組むブラジル中銀

 ブラジル中銀が17日、財務安定性レポートを発表した。それによると、ブラジルではイタウ、ブラデスコ、ブラジル銀行、連邦貯蓄銀行(Caixa)の4大大手銀行が、2017年の国内貸付の78・51%を行っており、銀行預金も全体の76・35%が4大銀行に集中している事が分った。
 4大銀行の寡占状態は年々進んでいる。データによると、10年前の2007年の場合は、4大銀行の行った貸付は全体の54・68%、4大銀行に預金されていた銀行預金は全体の59・34%だった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ