ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》銀行強盗が使ったガスボンベ=コロナの患者対応の病院に寄贈

《サンパウロ州》銀行強盗が使ったガスボンベ=コロナの患者対応の病院に寄贈

コロナ感染症患者達がいる病院に寄贈されたガスボンベ(13日付G1サイトの記事の一部

 サンパウロ州市警が裁判所の許可を得て、犯罪捜査で押収した資材の一部を新型コロナ感染症の患者に対応している三つの病院に寄贈した。その中には銀行襲撃などに使われたガスボンベ24本も含まれており、肺の機能が落ちた患者への酸素の供給用に使われる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ