ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》森林火災=消火用薬剤で環境汚染?=警告にも関わらず政府が使用

《ブラジル》森林火災=消火用薬剤で環境汚染?=警告にも関わらず政府が使用

 連邦政府がゴイアス州シャパーダ・ドス・ヴェアデイロスの森林火災を抑えるために使用した消火用薬剤は、国立再生可能天然資源・環境院(Ibama)が環境や人体に多大な影響を及ぼす可能性があると警告していたものだったと13日付現地サイトが報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ