ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ルーラ氏のキャラバン隊銃撃=バスの車体に3発、タイヤもパンク=石や卵投げからエスカレート=大統領候補者らは暴力を批難

《ブラジル》ルーラ氏のキャラバン隊銃撃=バスの車体に3発、タイヤもパンク=石や卵投げからエスカレート=大統領候補者らは暴力を批難

27日のルーラ氏(Ricardo Stuckert)

27日のルーラ氏(Ricardo Stuckert)

 ブラジル南部を巡回中のルーラ元大統領のキャラバン隊が27日にパラナ州で銃撃を受け、バス2台に対し、計4発の銃弾が打ち込まれる騒ぎがあった。28日付現地紙が報じている。

 キャラバン隊への銃撃は27日夜のことだった。ルーラ氏一行は、パラナ州ケダス・ド・イグアスーでのイベント後、同州のラランジェイラス・ド・スルに向かったが、銃撃はその間の高速道上で起きた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ