fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 検察庁=アラス長官は大統領の防波堤?=コロナ対策への不満請求却下

検察庁=アラス長官は大統領の防波堤?=コロナ対策への不満請求却下

 連邦検察庁のアウグスト・アラス長官がボルソナロ大統領の新型コロナウイルスに対する態度を問題視する訴えをことごとく退け、検察庁内外からも批判を受けていると13日付フォーリャ紙サイトが報じている。

 アラス長官のもとには、少なくとも三つ、ボルソナロ大統領のコロナ対策を問題視した嘆願が提出されていた。
 一つ目は3月26日に検察庁内部から出たもので、2日前に行われた大統領の「隔離をやめて外へ出よ」との発言に対し、「保健省のガイダンスに従うよう、検察庁からも指示を出すべきだ」との提言が行われたが、事前にメディアに内容が漏れたことを批判すると共に、個人的な懸念を扱ったものとして断った。
 二つ目は3月下旬に、副長官らがアラス長官に進言し、大統領が連邦政府で進めようとしていた反隔離キャンペーン「ブラジルは止まれない」を最高裁に止めさせようとしたものだが、アラス氏はこれも取り上げなかった。このキャンペーンは結局、3月31日に最高裁のルイス・ロベルト・バローゾ判事によって差し止められた。
 三つ目は、最高裁のマルコ・アウレーリオ・メロ判事がボルソナロ大統領の責任法違反を問う嘆願書を検察庁に判断させようとした件だが、同件でも、「大統領には社会的隔離政策を止める権利がある」との意見書を最高裁に提出した。
 これらの件でアラス氏は、「検察庁は政治論争の場ではない」とし、自身が介入することを嫌った。その代わり、ラヴァ・ジャット作戦で回収された不正な金の一部をコロナ対策費に当てることなどに興味を示している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし2020年10月14日 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし  マイア下院議長(民主党・DEM)が11日、行政改革は2021年に持ち越されるとの見解を示したと同日付現地紙サイトが報じた。経済省も9月末に、選挙が近い事などを理由に諸改革にまつわる動きを止めているため、税制改革も来年以降になる見込みだ。  マイア議長の発言はグローボ […]
  • 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり2020年10月14日 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり  世界保健機関(WHO)は13日、ブラジルでのコロナ感染が減速傾向にあるとの見解を表明した。ただし、ブラジルの感染者や死者は今も高どまりの状態にあり、12日の感染者は510万3408人、死者も15万689人に達している。  WHOの見解は13日付のTVニュースなど […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]
  • 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年10月14日 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  11月15日投開票でブラジル各市町村の首長と議会(議員)の選挙が行われます。  4年に1度の今回の選挙は、新型コロナウィルスのパンデミック下での選挙なので、集会などの選挙運動は行われず、従来と相当異なった選挙結果が出ると思われます。  私共に身近なサンパウロ市議会 […]