ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(82)

どこから来たの=大門千夏=(82)

 「そうよね、治るわね」女性は自分に言い含めるように言ってから、
 「癌なの」と小さく沈んだ声で言った。こんな太った癌もあるの? それとも今始まったばかりだろうか。
 私は次に何を言っていいやら、頭の中がおろおろするばかりで言葉が見つからない。
 「来年の今頃…どうしているかしら」女は独り言のように呟いた。
 「大丈夫、大丈夫、元気になって仙台に食べに行けますよ」と私は明るく大げさに言いながら、自分はなんて無責任な人間だろう、それに意外とお調子者らしい。
 女は嬉しそうに「行きたいわー何だか必ず治るって思えるようになってきた。ありがとう」と礼を言ってくれた。
 今日は生きる楽しみができましたと丁寧に頭を下げてから、私に名前と電話番号を書いてくれ、来年一〇月に仙台ねと言って、初めてニコッと笑った。
 私も思わずつられてニッコリ。そうよ、と言ってしまった。一〇月に仙台に。私はいつの間にか約束したみたいだ。
 女が最後に見せた笑顔を思い出すと、来年は「ウニと海鮮どんぶり」を仙台まで食べに行こうと私も少々はしゃいでいる。
 しかし外国住まいの私、来年本当に日本に来れるのだろうか…。

 エピローグ

 この話を新潟の友人に話すと、十日ほどして、「あんたの言う、ものすごくい美味しい海鮮どんぶりなるものを友人と食べに行ってくるから住所と名前を知らせて」とメールが入った。
 「私の来年の夢を先に食べるって? ケシカラン」と言いながらも住所を知らせた。しばらくしてメールが来た。
 「仙台に着いて、レストランを探す前に、まずは震災のあった場所を見に行きました。あの無残な姿を見て、涙、涙、涙が止まりませんでした。食べる気持ちも気力も言葉も失せて帰ってきたのです。今、自分が生きていることをこんなに感謝したことはありません。海鮮どんぶりが素晴らしい出会いをくれました。ありがとう」
 もう一つ。
 あれから私は三年目に新潟まで行った。ここから仙台の「海鮮どんぶり」のおじさんの所に行くつもりだった。
 忙しい時間に迷惑かなと思いながら電話を入れた。電話は鳴っても鳴っても、誰も出てこなかった。
 もう一度、今度は夜、かけ直したが、やっぱり淋しい音で鳴り続けただけだった。
             (二〇一二年)


 ユー・ハッピイ?(ベトナム)

 「織物を見たければ少数民族のいるサパに行きなさい、特に刺繍とろうけつ染め」と数人の友人が言った。
 サパは中国とベトナムとの国境近くにあって、ベトナム側にある小さな町。海抜一五六〇m、昔はベトナムを統治していたフランス人の避暑地だったが、今はちょっとした観光地になっている。
 この町は、山の尾根にそって八mもない道幅の両側に土産物屋、レストランが並び、大勢の西洋人が行きかっている。そしているわいるわ観光客相手にモン族ザオ族という少数民族の老若女たちが背中に大きな竹籠を背負って、この籠の中には彼らが刺繍した作品、ろうけつ染めの作品、時には小さな子供まで入っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(102)2018年5月24日 どこから来たの=大門千夏=(102)  一九六三年、神戸港を出発しました。(あれから五〇数年経った今頃になって、両親には大変な心配をかけた、親不孝したと気がついて申し訳ない思いをしています。)西回りの船を選び、あちこち寄港のたびに観光してまわり、六〇日かけて世界半周。船酔いもせず旅を楽しみました。  沖縄――香港 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(100)2018年5月22日 どこから来たの=大門千夏=(100)  何年たっても同じ状態が続いた。子供達が、「うちの母はね、音楽が鳴りだすと血相を変えて怒るの、本気で怒るのよ、あんな人見た事ない」と話している。かといって日々の生活に別段困る事もなく、以前と同じように昼間は仕事をし旅行もする。良くなろうという努力を最初はしたが、今では無音の生活 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(101)2018年5月23日 どこから来たの=大門千夏=(101)  夫の好きな野の花…カタバミが、コップの中で小さく震えていた。  曲は静まり返った巨大な遺跡中に響き渡り、隅々にまで緩やかに流れ、そして灰色の雲を突き抜け青い空に向かって、宇宙に向かって何時までも消えることなく広がって行く。  今、二人の子供を何とか育て上げたこと、助け合っ […]
  • どこから来たの=大門千夏=(97)2018年5月17日 どこから来たの=大門千夏=(97)  午後から博物館に行ったがここにも何もない。こんなに文明文化のない国を見たのは初めてだ。  しかし、考えてみると一六世紀から三三〇年間スペインの植民地になり、其のあと五〇年間アメリカの植民地になった。独立できたのは一九四六年である。自国の文化を持つ余裕などなかった。求める私の […]
  • どこから来たの=大門千夏=(98)2018年5月18日 どこから来たの=大門千夏=(98)  彼は日本の大手の建築会社に務めていた事、ほとんど世界をまたにかけての仕事で外国生活の方が長かった事。「定年間際、アフリカで駐在員をしていた時、家内が急死しまして私一人になってしまいました。日本は住みにくい。どっか外国に…と考えて、まず昔仕事で来たことのあるフィリピンに来たんで […]