ホーム | 日系社会ニュース | 喜多方ラーメン祭り=日本祭りを見据え、試行錯誤

喜多方ラーメン祭り=日本祭りを見据え、試行錯誤

ラーメンを食べる来場者

ラーメンを食べる来場者

 ブラジル福島県人会(永山八郎会長)は「喜多方ラーメン祭り」を22日、サンパウロ市の同県人会館で開催した。7月の日本祭りでもラーメンを提供する予定で、今回を踏まえて、味の調整や調理の段取りをする。
 札幌、博多と並んで日本三大ラーメンに数えられる醤油味が特徴の喜多方ラーメン。今回は地元企業、五十嵐製麺の袋ラーメン「平打ちちぢれ極太麺 喜多方こってり醤油味」を提供。粉末スープに骨と肉を2時間煮込んだ鶏がら出汁を加え、特製チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギを添える工夫が凝らされた。
 市内のほとんどのラーメン店を回ったという吉田章則さん(45、埼玉)は、「麺とスープ、それとメンマがおいしい」と評した。一方で「チャーシューが固い。改善されたら日本祭りでもまた食べたい」と話した。
 ラーメン祭りの開催に併せて、五十嵐製麺の武藤啓一さんが来伯。チャーシューの煮る時間、一度に煮る量、紐の縛り方等、パターンを変えて試しデータを取った。「圧力釜の中で2段に置いて煮ても上手く出来ることや、紐で縛るのを男性の力でやった方がいいこと等が分かった」と話す。
 武藤さんは「日本祭りに向けてもっとおいしいラーメンにしたい。今回売れたのは300食ほどだったが、日本祭りでは3日間で3000食を売る」と意気込んだ。今後は日本祭を想定して、調理ブース内の導線や、スタッフの役割分担を検討するという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]
  • 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中2019年1月31日 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中  ブラジル徳島県人会(大原勝美会長)は26日午前、サンパウロ市ツクルビー区の同会館で19年定期総会を開催し、原田昇氏が会長に返り咲いた。  賃貸契約の更新を巡り、赤字運営に悩む県人会が昨年末に4割値上げを求めたため、カラオケ・ダンスで利用する日系文化協会との間でいさか […]
  • ■訃報■木原好規2019年1月30日 ■訃報■木原好規  和歌山県人会で長年会長を務めてきた木原好規さんが28日、癌のため亡くなった。享年82。葬儀は29日、市内アルピーナ火葬場で行われた。  木原さんは和歌山県紀の川市出身で、1960年に渡伯した。竹中商会に長年務め、和歌山県人会では05年から5期10年にわたって会長を務 […]
  • 3県合同新年会に約100人=協力し合って活動拡大=交流新鮮、おせちも好評2019年1月23日 3県合同新年会に約100人=協力し合って活動拡大=交流新鮮、おせちも好評  東京、埼玉、宮城の3県人会は19日、「3県合同新年会」をサンパウロ市の宮城県人会館で初開催した。各県人会員をはじめ、野口泰在聖総領事、松尾治文協副会長ら総勢100人が参加。数の子や黒豆、田作り、いくら、からすみ、エビフライ、煮豚、赤飯などが入った豪華な手作りおせち弁当 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]