ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》テメルの親友の「ユネス氏に2度賄賂届けた」=軍警の証言で疑惑が再浮上=14年の選挙での不正献金=ロビイストの証言とも一致

《ブラジル》テメルの親友の「ユネス氏に2度賄賂届けた」=軍警の証言で疑惑が再浮上=14年の選挙での不正献金=ロビイストの証言とも一致

4日のテメル大統領(Alan Santos/PR)

4日のテメル大統領(Alan Santos/PR)

 テメル大統領(民主運動・MDB)の長年の友人として知られるジョゼ・ユネス氏に対し、ある軍警が「2度にわたって賄賂の現金を届けた」という証言をしており、大統領に対する緊張感がさらに高まっていると、6日付現地紙が報じている。

 問題の証言者は軍警のアベル・デ・ケイロス氏だ。まだ守秘事項だが、2014年にテメル副大統領(当時)がオデブレヒト社と合意に至ったとされる、MDBの選挙キャンペーンへの政治献金に関する捜査の一部として、3月28日に連邦警察で供述を行った。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ