ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 伯外務省サイトによると、東京都の在日ブラジル大使館にはエドゥアルド・パエス・サボイア氏が特命全権大使として就任する予定だ。同氏はボリビア国ラパスの伯大使館に勤めていた2013年当時、モラレス大統領と対立して伯国への亡命を求めていた同国上議を「人道的理由」から伯国に受け入れた。当時のジウマ政権は、同じ左派政権だったモラレス大統領の肩を持った。にも関わらずサボイア氏は強引に受入れを決定、政府から批判を浴びたが、信念を貫いた。そのためジウマの政敵アエシオ氏、故カンポス氏らから「苦しんでいる同胞を助ける伯人の伝統にのっとった行動」と賞賛された。日系四世ビザが本格的に始まる今年、サボイア氏の信念ある言動に期待?
     ◎
 椰子樹社(代表・多田邦治)の短歌誌『椰子樹』376号が3月に刊行された。《立ちどまり新築なりしビル仰ぎ草原でありしを思い出しおり》(川上美枝)。泥道ばかりの開拓地時代に入った作者ゆえに、今のマリンガの発展振りはまぶしいばかりだろう。《八十年余りは過ぎしか植民地をおそいし病魔の記憶もはるか》(阿部玲子)は黄熱病に大騒ぎする昨今のニュースから、ワクチンなどなかった戦前の植民地に生活に思いを馳せたもの。《銀行の金属探知に反応する杖を託してさてどうしよう》(武井貢)。金属を使わない杖を使うしかないですが、もしも今の杖が大事な人からのプレゼントだと…。《昔なら畑と言えばコーヒー園今は探せど見付け難し》(宮本留美子)もまったく同感。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 再選を祝うジウマ大統領とルーラ元大統領(Foto: Ricardo Stuckert/Instituto Lula)2015年1月7日 政権交代はなぜ起きなかったか=なりふり構わぬ選挙攻勢=反ジウマ派の勢いの限界  13年6月のコンフェデ杯時に世界を驚かせた全国的なマニフェスタソン、景気停滞、そして連立与党が絡んでのペトロブラス超大型汚職…。ここまでのマイナス要因がありながらも、労働者党(PT)のジウマ政権は選挙で再び選ばれ、継続することを決めた。特に13年の抗議行動に強烈な印象を持 […]
  • デング熱=聖州は1割の市で流行状態=例年なら4月がピークだが2016年1月21日 デング熱=聖州は1割の市で流行状態=例年なら4月がピークだが  聖州保健局が18日に発表した統計によると、州内645市中、1割強の67市でデング熱が流行状態である事が判ったと20日付エスタード紙が報じた。 平年のデング熱のピークは4月だが、保健局が今季初のデータとして発表したのは15年10~12月の統計だ。それによると、今季は既に人口10 […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 2003年6月6日 スプリングス1勝2敗=サロンパスカップ 決勝進出ならず 6月6日(金)  ブラジルバレーボール連盟主催、久光製薬(株)スポンサーの第三回サロンパスカップが開幕し、現在決勝リーグが行われている。五月三十一日から、ジョンペッソア市とナタール市を会場に熱戦が続いている。大会は、MRV、カンポス、ピニェイロス、ブラジル選抜ジュニア […]
  • ■訃報■遠藤浩氏2013年3月26日 ■訃報■遠藤浩氏 ニッケイ新聞 2013年3月26日  昨年までサンパウロ日伯援護協会傘下のサントス厚生ホームの経営委員長だった遠藤浩さんが24日未明、入院先のサンジョゼ・ドス・カンポスの病院で、心臓発作のため亡くなった。79歳だった。 […]