ホーム | 日系社会ニュース | 日本特有の学校ルール紹介=モニカ作者、漫画本4千冊寄贈

日本特有の学校ルール紹介=モニカ作者、漫画本4千冊寄贈

絵本の装丁

絵本の装丁

 昨年来、在日ブラジル人子弟の支援をしてきた国民的人気漫画家「モニカ」の作者マウリシオ・デ・ソウザさんが、新たに絵本『モニカ&フレンズと日本の学校』を日ポ両語で刊行した。
 これは日系ブラジル人の子弟にとって戸惑いがちな日本特有の学校でのルールについて分かりやすく紹介したもの。モニカたちが日本の小学校に通う設定で、集団登校や給食当番などについて説明されている。
 昨年初版としてポ語版2千冊が刊行され、日系ブラジル人の多い日本の公立学校、ブラジル人学校、公立図書館などに寄贈されていた。今回新たにポ語改訂版、日語版各2千冊が制作され、新たに寄贈されたという。
 刊行に寄せてマウリシオさんは「私が幼いことに学んだことは教育の大切さ。学校は一番の土台となる」と重要性を指摘。「学校に行けば、将来への財産となる異文化体験の機会が得られる。これを活用し、家庭では母国語を話し、学校では日語を学べるよう支援して欲しい」と思いを寄せている。
 なお、同書は英語や西語など多言語に翻訳される予定だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2015年2月19日 漫画を突破口に、ブラジルでの将棋文化普及はなるか(前編)  日本移民の高齢化が進み、次世代への日本文化継承が急務とされる昨今、ブログ子の愛好する将棋文化もまた消滅の危機に瀕していた。  「囲碁漫画の『ヒカルの碁』が翻訳出版され、囲碁人口が増えたように、将棋漫画が出版されれば将棋人口も増えるのではないだろうか…」と思い […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 2009年5月19日 「絆を深めて危機乗り切ろう」=日伯関係に輝かしい将来=島内憲駐伯大使が講演=補完関係で重要性増す ニッケイ新聞 2009年5月19日付け  「両国間にこれほどの親和性と可能性を持った相互関係のある国は他にない。日伯関係には輝かしい将来があると確信する」。島内憲駐伯日本国全権大使が十三日、サンパウロ州工業連盟(FIESP)の講堂で「世界経済・金融危機と日伯関係について」 […]
  • 大耳小耳2008年10月25日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2008年10月25日付け […]
  • 2008年7月5日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=各地の百周年式典を総括 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け ◆座談会参加者の紹介深=本紙の編集長ながら、最多のブラジリア、サンパウロ、パラナ、ベロ・オリゾンテを取材。若手記者を大きく引き離す奮迅の活躍ぶりを見せた。神=邦字紙記者歴四十余年、唯一過去の周年行事を取材。サンパウロ・サンボードロモ式典会 […]