fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》パラー州=ベレン都市圏で殺人相次ぐ=再び襲った「暴力の波」

《ブラジル》パラー州=ベレン都市圏で殺人相次ぐ=再び襲った「暴力の波」

 パラー州都ベレン市とその周辺で22日、6件の殺人事件が起きたが、その内の5件は夕方から夜にかけての数時間の内に発生し、「暴力の波」が戻ったと23日付現地紙サイトが報じた。
 夕方からの事件は、ベレン市内にあるパノラマ21と呼ばれる集合住宅で起きた、バイクで人を運ぶモトタクシーの運転手殺害に始まり、テノネ区での男性殺害と続いた。二つの事件はどちらも、赤い車から降りた男が犯人とされている。
 その後も、ベレン市内マランバイア区で、車に乗った覆面の二人組が29歳の男性を射殺。マリツーバ市では、44歳の元軍警が、バイクに二人乗りした男達に射殺された。最後は、ベレン市中央部ナザレ大通りを自転車で走行中の49歳の商人で、やはりバイクに相乗りした男達に射殺されたという。
 これらの事件は皆、同日朝7時前に起きたベレン市ウナ区での軍警殺害後に軍警が敷いた、巡邏体制の中で起きた。
 軍警はバイクに相乗りした二人組に襲われ、応戦しようとして頭を撃たれて即死。男達は軍警の銃を奪って逃亡した。
 軍警達はその後、現場から500メートルの地点で容疑者の1人を見つけて尋問したが、銃撃してきたために応戦。容疑者は被弾して病院に運ばれたが、死亡した。
 4月21日に起きた、シデラル区のサッカー場への侵入事件で重傷を負った予備役軍警も22日に死亡している。この事件では、予備役軍警2人と市警2人が重傷を負い、入院していた。
 また、5月9日にマランバイア区で銃撃されて入院中だった軍警も23日朝に亡くなった。
 パラー州では今年、26人の軍警が事件に巻き込まれて亡くなっている。この内の19人は、犯人逮捕または容疑者判明のレベルに至っているが、残りの事件はまだ解明されていない。同州軍警によると、軍警が殺された事件の大半は強盗殺人だったという。
 同州では今年、既に1360人が殺された。単純計算すれば、同州では1~4月に1日平均11人が殺された事になる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年1月30日 東西南北  27日に敢行されたラヴァ・ジャット作戦(LJ)第22弾で、一家が所有していたと見られるサンパウロ州グアルジャーの高級住宅に疑惑の目が向けられたばかりのルーラ前大統領。この住宅はLJに絡むOAS社が建て替えを行ったとも報じられている。他方、29日付伯字紙は、サンパウロ州アチバイ […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボルソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 特別寄稿=老化現象への挑戦 アチバイア市在住  中沢宏一2020年9月4日 特別寄稿=老化現象への挑戦 アチバイア市在住  中沢宏一   □序文□  「老化現象への挑戦」と厳めしい題名をつけたが、老化をそのままにしておくと悪化の方向に確実に進行してゆく。健康に自身があり、まともな食事をし、運動も適宜にしてきた人でも老化は起る。それにそれまでの事故、怪我の後遺症と遺伝的な要素も加わり、 […]
  • 東西南北2020年9月1日 東西南北  「雪が降るのでは」とまで言われ、今年一番の冷え込みとなった先週末から一転、今度は最高気温が30度前後の真夏並の気温となったサンパウロ州。急に来たこの暑さに耐えられなくなったのか、8月30日は、サントスの海岸に海水浴をする人たちが殺到した。これと同じ現象は、お隣のリオ州の海岸部 […]
  • 東西南北2020年8月29日 東西南北  大サンパウロ市圏サンベルナルド・ド・カンポの遊園地「シダーデ・ダ・クリアンサ」が26日、閉園を発表した。1969年設立の同遊園地は、ブラジル内でも最古参の遊園地として有名で、州外からも観光客を集めていた。思い出のある人も少なくないだろうが、経営難に加え、コロナがダメ押しをして […]