ホーム | ブラジル国内ニュース | 大型寒波で雪だるま登場=サンタカタリーナで零下続出

大型寒波で雪だるま登場=サンタカタリーナで零下続出

霜で覆われた植物の葉(Mycchel Hudsonn Legnaghi/São Joaquim Online)

霜で覆われた植物の葉(Mycchel Hudsonn Legnaghi/São Joaquim Online)

 大型の寒波が到来し、サンタカタリーナ州の山間部では、最低気温が零下を記録した町が続出。霜を集めて作った雪だるままで登場した。
 りんごの里として知られるサンジョアキン市のペリコ渓谷では、24日未明に零下6・5度を記録した。同市では、市街地でも零下5・2度を記録しており、市街地も郊外の草原なども、皆、霜で覆われて真っ白になった。霜を集めて雪だるまを作る人まで現れた。

霜を集めて作った雪だるま(Mycchel Hudsonn Legnaghi/São Joaquim Online)

霜を集めて作った雪だるま(Mycchel Hudsonn Legnaghi/São Joaquim Online)

 同州では、パイネル市で零下7・2度を記録した他、ボン・ジャルジン市で零下6・8度、ウルペマ市でも零下6・3度など、山間部の町々で軒並み、零下を記録した。

霜で真っ白になった野原(Mycchel Hudsonn Legnaghi/São Joaquim Online)

霜で真っ白になった野原(Mycchel Hudsonn Legnaghi/São Joaquim Online)

 また、厳しい冷え込みにより、高速道路などの路面も凍りつき、スリップ事故などが起きやすくなっているので注意が必要だ。
 ブラジル南部では25日も早朝は霜が降りる、寒い日が続く見込みだ。
 なお、ブラジル北東部では海岸部を中心に強い雨が降っており、土砂崩れなどが起きる可能性もある。雨の区域は、北東部の海岸部とブラジル北部、中西部の一部となっている。(24日フォトス・プブリカス、グローボプレイサイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • オガタ・ペドロさんがPJB賞=ブラジルで注目浴びる大型新人歌手=グローボ局番組でも活躍2020年10月17日 オガタ・ペドロさんがPJB賞=ブラジルで注目浴びる大型新人歌手=グローボ局番組でも活躍  今年で19回目となるプレミオ・ジョーヴェン・ブラジレイラ(PJB、Prêmio Jovem […]
  • 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし2020年10月14日 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし  マイア下院議長(民主党・DEM)が11日、行政改革は2021年に持ち越されるとの見解を示したと同日付現地紙サイトが報じた。経済省も9月末に、選挙が近い事などを理由に諸改革にまつわる動きを止めているため、税制改革も来年以降になる見込みだ。  マイア議長の発言はグローボ […]
  • 《ブラジル》セシル・チレーが死去=グローボ局ドラマの常連俳優2020年10月10日 《ブラジル》セシル・チレーが死去=グローボ局ドラマの常連俳優  ベテラン俳優のセシル・チレーが9日、以前から患っていたパーキンソン病のため、リオ市南部の自宅で亡くなった。77歳だった。9日付現地紙サイトが報じている。  チレーは1943年、リオで画家の父親と女優の母親の間に生まれた。こうした芸術的な家庭環境のため、幼少時から舞台に立って […]
  • 《ブラジル選挙》大統領が次男に超過献金=“元幽霊職員”の応援も2020年10月9日 《ブラジル選挙》大統領が次男に超過献金=“元幽霊職員”の応援も  選挙運動中の市長・市議選で、ボルソナロ大統領が違反額となる献金や、かつて幽霊職員と報じられた人物の応援をするなどの行為を行っていると、8日付現地紙、サイトなどが報じている。  大統領はまず、リオ市の市会議員選で再選を目指す次男カルロス氏に対し、1万レアルの献金を現金 […]
  • 東西南北2020年10月9日 東西南北  春先とは思えないほどの猛暑で、とうとう「カロロン」と呼ばれ始めたここ数日の暑さ。7日はサンパウロ市で今年最も暑く、観測史上2番目となる37・3度を記録した。州内をみると最高気温が40度を超えたところが続出で、最も暑かったリンスは同州観測史上初の43・5度を記録した。そのほか、 […]