ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州マウアー市=給食汚職の市長が復帰=停職中に市は財政破綻も

サンパウロ州マウアー市=給食汚職の市長が復帰=停職中に市は財政破綻も

 給食契約を巡る不正行為で逮捕され、市長職を剥奪されていた、サンパウロ州マウアー市のアチラ・ジャコムッシ氏(ブラジル社会党・PSB)が12日、市長職に復帰した。13日付現地紙が報じている。
 ジャコムッシ氏は、公立学校の給食を担当する業者に支払ったと見せかけて公金を横領していたとして、5月9日に逮捕された。同氏の自宅からは、8万7千レアルの現金も見つかった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ