ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》連警がバティスティ氏逮捕=イタリア連続テロの政治犯

《ブラジル》連警がバティスティ氏逮捕=イタリア連続テロの政治犯

 イタリアからブラジルへ亡命中の政治犯、チェザーレ・バティスティ氏が4日、ボリビア国境近くの南マット・グロッソ州で多額の現金を国外に持ち出そうとして、逮捕された。5日付現地紙が報じている。
 バティスティ氏は、本国イタリアで1977年から79年に起きた連続テロで、グループの構成員として4人の人物殺害に加担したとして終身刑に問われていたが、国外逃亡し、様々な国をわたった後に2004年にブラジルに来ていた。
 バティスティ氏は2007年に、イタリアからの国外追放要請を受け、リオで逮捕された。だが2009年、当時のタルソ・ジェンロ法相が同氏の政治亡命を認める判断を下し、翌10年には当時のルーラ大統領がイタリアからの身柄引き渡し要求を断っていた。
 同氏はそのままブラジルに滞在しているが、労働者党(PT)政権が終わった16年9月には最高裁が人身保護令適用を拒否。今年9月には、イタリアから改めて、同氏の身柄引き渡し請求が出されている。
 バティスティ氏はこの日、2人の人物と一緒にブラジル産の乗用車で走行中に検問を受けた。連邦道路警察は同氏が複数の通貨で2万6700レアル相当の現金を所持していることを確認したが、釣りに行くと言われて開放した。
 だが、国境まで同氏に同行した連邦警察官は、同氏が国境地点でボリビアのタクシーに乗り替えて国外に出ようとしたのを見て、申告をせずに国外に持ち出せる額(1万レアル)を超える通貨を申告せずに持ち出そうとした容疑で同氏を逮捕した。連邦検察庁は同氏が国外逃亡を試みたと見ており、近日中に起訴する可能性がある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ルーラの処遇嘆くボリビア大統領=「大統領選に出馬させないためだ」2018年4月6日 ルーラの処遇嘆くボリビア大統領=「大統領選に出馬させないためだ」  ボリビアのエヴォ・モラレス大統領は5日、ブラジルの最高裁が4日の審理で、2審判決で有罪となったルーラ元大統領に対して刑執行を逃れるための人身保護令を適用しなかった事に関して遺憾の意を表明した。  エヴォ大統領は、今回の決定は「(10月に行われる)大統領選にルーラ氏が再出馬す […]
  • キューバ=Fカストロと中南米=(下)=軍政の反動で左派政権一色に=今後のキューバの風向きは?2016年11月30日 キューバ=Fカストロと中南米=(下)=軍政の反動で左派政権一色に=今後のキューバの風向きは?  25日に逝去したキューバのフィデル・カストロ前評議会議長が中南米に与えた影響をもう少し見てみよう。  90年代にはソ連などの東欧の共産圏が崩壊。共産主義の基盤を大きく失う中、キューバもドル解禁などの対策を余儀なくされた上、難民も後を絶たず、カストロ体制の今後も危ぶまれて […]
  • 東西南北2016年11月2日 東西南北  今年の全国統一地方選挙で労働者党(PT)が記録的な惨敗を喫したことは今日も様々なメディアで取り上げられているが、10月30日に行われた決選投票時、ルーラ元大統領、ジウマ前大統領の2人は共に、居住地のある地域ではPTの候補が出ていなかったことを理由に投票に行かなかった。ルーラ氏 […]
  • メルコスール加盟の裏幕=ジウマの秘密工作を暴露=〝独裁体制〟ヴェネズエラ=アスンシオン在住 坂本邦雄2016年10月15日 メルコスール加盟の裏幕=ジウマの秘密工作を暴露=〝独裁体制〟ヴェネズエラ=アスンシオン在住 坂本邦雄  ブラジルのヴェージャ誌(10月7日号)が報じるところによると、時のジウマ・ルセフ大統領(2011年1月―2016年8月)は、ブラジルがパラグァイに対する双国イタイプー水力発電所の同国分余剰電力買い上げ価格を3倍に値上げする事をもって、ヴェネズエラが望むメルコスールへの正会 […]
  • 東西南北2016年9月28日 東西南北  ここ数週間、ラヴァ・ジャット作戦で大きなダメージ負っているルーラ元大統領。起死回生のためには全国市長選でのPT勢の巻き返しが欲しいところだが、現状はかなり苦しい。世論調査では、サンパウロ市のハダジPT候補が4位、リオでルーラ氏が積極支援する連立与党のブラジル共産党候補ジャンジ […]