ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》エドゥアルド下議=「左翼が暴れたらAI5」=軍政タブーに触れ大問題に=下院では罷免求める声も=父ボウソナロ大統領も嘆く

《ブラジル》エドゥアルド下議=「左翼が暴れたらAI5」=軍政タブーに触れ大問題に=下院では罷免求める声も=父ボウソナロ大統領も嘆く

エドゥアルド氏(Lula Marques)

 10月31日、エドゥアルド・ボウソナロ下議が、「チリでの民衆デモのようなことがブラジルで起これば、新たな軍政令第5条(AI5)発令などの思い切った措置が必要だ」と発言したことが明るみとなった。軍政時代に政治犯の投獄や暗殺を急増させ、議会閉鎖も招いた、ブラジル政治史でも悪名高い同法の名前を威嚇的な意味合いで語ったことに対しては、連邦議会や最高裁から強い反発が生じ、父親のボウソナロ大統領も遺憾の意を表明した。1日付現地紙が報じている。

 事の発端は、エドゥルド氏が10月28日に、ジャーナリストのレーダ・ナグレ氏によるユーチューブ番組用のインタビューで語ったものが、10月31日に掲載されたことだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ