ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》飢えに苦しむ人々再び増加=北東部中心に1千万人

《ブラジル》飢えに苦しむ人々再び増加=北東部中心に1千万人

 ルーラ元大統領が「飢餓ゼロ」を掲げて当選後に取り入れた「ボウサ・ファミリア」と呼ばれる生活扶助などにより、飢えに苦しむ貧困家庭は半減していた。ところが地理統計院(IBGE)の調査で、このような家庭が再び増えていると17日付現地サイトが報じた。
 17年6月~18年7月に行われた調査によると、基本的な食料をきちんと入手する事が困難な人は少なくとも1030万人おり、5年間で約300万人増えたという。
 この調査は住む場所がある定住者だけを対象にして行われており、路上生活者は含まれていないため、実際に飢えに苦しんでいる人はこの数を上回るはずだ。
 17~18年の調査では、食べ物には困っていないという人の割合が、これまでの調査の中でも最も少なかったという。

 飢えに苦しむ人は農村部ほど多く、その半数近くは北東部に住んでいるという。5歳未満の子供の半数は満足に食事もとれない状態だという。
 飢えに苦しむ家庭の半数以上は女性が家計の中心で、家族の数が多い家庭ほど、食料の確保が困難だという。当然の事ながら、食に窮している家庭では家計に占める米の購入費の割合が大きい。
 食事が満足に取れない人の数は、2004年の1499万8千人以降、09年1129万2千人、13年722万5千人と減少していたが、今回調査では再び増加に転じた。
 この事は、14年から始まった景気後退などで失職したり、所得が減ったりした人が増えた事などとも関係ありそうだ。 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 一日お花見を楽しんで=カンポス桜祭り=今週末から3週連続2013年7月31日 一日お花見を楽しんで=カンポス桜祭り=今週末から3週連続 ニッケイ新聞 2013年7月16日  カンポスさくらホームとカンポス桜クラブが共催し、『第45回カンポスさくら祭り』を20、21、27、28、8月3、4の6日間、同ホーム(Av. Tassaburo Yamaguchi, 2173, Vila Albertina)で開催する。 […]
  • アクレ州でM6・5の地震2010年5月26日 アクレ州でM6・5の地震 ニッケイ新聞 2010年5月26日付け  アクレ州で24日、マグニチュード6・5の地震が発生したが、震源地が地下580・5キロと深く、目に見える形の被害は出ていないという。 […]
  • クラコランジアで垣間見る人生劇2017年6月1日 クラコランジアで垣間見る人生劇  サンパウロ市クラコランジアで5月21日、麻薬密売者や常用者一掃作戦中に新聞記者に近寄り、「社会福祉士か」と尋ねた常用者がいた。麻薬浸けの生活から抜け出すために入院したいと、彼が身分証明書を見せながら語る様子を収めたビデオをその記者がフェイスブックに載せると、同記者のもとにはフ […]
  • 外務大臣表彰=文協で8月1日2008年7月18日 外務大臣表彰=文協で8月1日 ニッケイ新聞 2008年7月18日付け  日伯交流年・日本人ブラジル移住百周年記念外務大臣表彰の表彰状授与式が、八月一日午後三時からブラジル日本文化福祉協会大講堂(Rua Sao […]
  • 和太鼓サンバで打ち比べ=世界大会に「生」初参加2004年8月4日 和太鼓サンバで打ち比べ=世界大会に「生」初参加 8月4日(水) […]