ホーム | 文芸 | 連載小説 | 中島宏著『クリスト・レイ』 | 中島宏著『クリスト・レイ』第19話

中島宏著『クリスト・レイ』第19話

「こんにちわ。大分待たせたかしら。一応、時間通りに来たつもりだけど」 「いえ、アヤ先生、私の方が約束より早く着きましたから。私が待つのは当然です」 「そう、それならいいけど。ところで、どうしょうかしら、二人で歩きながら話をしますか。それとも、どこかに座って話した方がいいかしら」 「あ、それは、先生にお任せします。私はどちらでも構いません」 「そうね、じゃあ、歩きながら話しましょうか。少し疲れたら、適当な所で休んで話を続けるということにしましょう。一応ねマルコス、私は日本語で話しますからね。あなたの勉強にもなるし、その方がいいでしょう」 「もちろん、それで結構です。もし、難しい言葉が出てきたら、先生がポルトガル語に翻訳して説明して下さい。お願いします」  マルコスは、いざ話し出してみると、意外にスムーズな会話ができているので、やや安心し、落ち着きを取り戻しつつあった。さっきまであったちょっとした興奮状態は、かなり治まっていた。ただ、それでも心臓のときめきだけはまだ、続いている。
アヤが来た方向とは反対の方に向かって、二人は歩き始めた。緩やかな傾斜を持つ坂道をゆっくり上っていく。土曜日の午後ということもあって、学校には人影がなく、教会の建築現場もひっそりとしていて、人の気配はなかった。林に囲まれたような感じの坂道を二人は歩いていく。 「あのね、マルコス、ちょっと言って置きたいんだけど、今日の私はね、あなたの先生ではなく、何と言ったらいいかしら、そうね、今日は友だちということだから、その、私を先生と呼ぶのはやめてもらえませんか。授業以外の所では、私のことアヤと呼んでかまいませんからね。それとね、こうやって二人で話すときは、もっと楽な気持ちで話したらいいから、あまり丁寧な話し方をしなくていいのよ。そういう話し方だと、堅苦しい感じで、思ったようには話せないでしょう」 「はい、あ、いいえ。やはりそうは言っても先生ですから、丁寧に話さないと失礼ではないかと、私は思います」 「ですから、今日は私は先生ではないと言ってるでしょう。友だち同士のときは、もっと楽な話し方でいいのよ。それに、男の場合は、友だちと話すときは自分のことを私ではなくて、僕と言った方がいいわね。まあ、俺という人のほうが多いんでしょうけど、あなたの場合はブラジル人ですから、僕というふうに覚えて置いたほうがいいでしょう。この私の説明、分かりますか」 「そうですね、何とか分かろうと思っていますが、本当のところはよく分かりません。私、あ、いや、僕は、丁寧な話し方をするのが、きれいな日本語だと思いますが、そうではないのですか」 「うーん、確かにそれはそうだけど、時と場合にもよるわね。たとえばねマルコス、あなたが友だちと話すとき、もちろん、ポルトガル語でよ、そんなとき、どこかの偉い人と話すような喋り方はしないでしょう。もっと、ざっくばらんで、言いたいことを言うといった感じでしょう、友だちと話すときは。それと同じことなのよ、私が言ってるのは」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第26話2020年8月6日 中島宏著『クリスト・レイ』第26話  ただそれは、この時代よりも、もう少し遡った頃の話で、開拓されて間もない頃の、いわば最盛期ともいえる時代のことであった。月日の移ろいと共にその後、土地の疲弊が強まっていくにつれて、この地方の農業の勢いも目に見えて低下していった。  それでも、この一九三〇年代ではまだなんとか地 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第24話2020年8月4日 中島宏著『クリスト・レイ』第24話 「ところでね、アヤ、今までのあなたの説明が本当に僕に分かったのかどうかということですが、つまり、ここに移民してきた人たちというのは、日本では珍しいキリスト教信者のグループということですね。そういう人たちがこうして同じ所に入って、生活を共にしているということなのですね。そういう解 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第25話2020年8月5日 中島宏著『クリスト・レイ』第25話  なぜ、そのようなことが可能になったのか。そこにまた、新しい疑問がわいてくる。彼は、特に宗教に興味を持って、それを探求するというようなタイプではないが、しかし、このように日本とキリスト教との関わりを聞かされると、その辺りをさらに知りたいという心境になってくる。彼にとっては、日本 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第21話2020年7月29日 中島宏著『クリスト・レイ』第21話 「ところで教会の話ですけど、いったいこれは、どういう教会なのですか。町にあるキリスト教の普通のカトリックの教会とは大分違うと思いますが」 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第22話2020年7月30日 中島宏著『クリスト・レイ』第22話 「そうね、その通りよ。私もずっと、もの心ついたときから、いや、それ以前からもうキリスト教信者だったわね。私の家は代々みんなそうだったし、私が生まれた町や地方でも、ほとんどがそうだったわ」 「ということは、日本でもかなり多くのキリスト教信者がいるということですね」 […]