ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 トラック業界のスト続行で、国中がパニックに覆われた25日のブラジル。そのストの影響が国民の生活に及んできていることは報じたが、ネットなどを見ていると、不人気のテメル政権憎しとばかりにトラック運転手たちを応援する声が目立っている。「ストは国民の権利」「軍の介入などもってのほか」との意見も見る。ただ、この状態が週末を越えても続くようだと、国民の移動や食生活にもより本格的な影響が出ることにもなる。そうなったときにも彼らは同じ主張が果たしてできるか。ましてや、その「労働者の権利」のはずのストに企業家が絡むなどの矛盾説も出ているが。いずれにせよ、ここ数日が正念場か。
     ◎
 こういう非常事態の際に10月の大統領選の候補者が何と言うかは注目されるところだが、このところの報道ではそれもあまり出てきていない。ネット上で圧倒的な支持を得ているジャイール・ボルソナロ氏は、24日に「ストは国民の権利なので支持するが、道路封鎖はいただけない」と発言したところ、熱心な信者の多い同氏の発言ですら、批判を浴びた。少なくとも今は、沈黙した方が身のためか。そして、このストの後に得をする政治家は誰になるのか。
     ◎
 今日、明日は、サッカーの全国選手権の試合が1部、2部合わせて14試合もあるが、もちろん、いずれも「移動」が必要なもの。果たして、彼らサッカー・クラブを試合会場まで運ぶ車や飛行機の燃料はあるのか。こんな時は、今日行われる欧州チャンピオンズ・リーグの決勝、レアル・マドリッド対リバプールをテレビ観戦か。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月30日 東西南北  サンパウロ市市長選に立候補しているギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)が、ボルソナロ大統領を批判したとして、連邦警察から事情聴取を受けることになるという。また、インタビュー中に「ボルソナロ、辞めろ」と叫び、話題となった女子ビーチバレー選手のカロル・ソルベルグが、 […]
  • 東西南北2020年9月26日 東西南北  24日、イポッピによるボルソナロ政権への世論調査が発表され、「良い」が40%で「悪い」が29%と、政権発足後、最良の数字を記録した。ただ、「ボルソナロ大統領への信用度」は「信頼しない」が51%で、「信頼する」が46%だった。一方「悪い」と評価された分野は「失業対策」が60%、 […]
  • 東西南北2020年9月24日 東西南北  米国のタイム誌が22日、「世界で最も影響力のある100人」に、ブラジルからはボルソナロ大統領とユーチューバーのフェリペ・ネットの2人を選んだ。ボルソナロ大統領といえば、今やトランプ大統領と並ぶ“世界的な政治家”。タイム誌が7、8年前に、ジウマ大統領を同様の企画で「進歩的な女性 […]
  • 東西南北2020年9月22日 東西南北  20日に行われた女子ビーチバレーの大会で3位に入った2人組のチームのひとり、カロル・ソルベルグがインタビュー中に突然、「フォラ(やめろ)、ボルソナロ」と大統領を批判する発言を行い、話題となった。ブラジル・バレーボール連盟(CBV)は、この発言に強い不快感を示した。同連盟は、公 […]