ホーム | イベント情報 | テゲルベルグ号同船者会=10年ぶりに再会、来月8日

テゲルベルグ号同船者会=10年ぶりに再会、来月8日

(左から)遠藤さん、鹿又さん

(左から)遠藤さん、鹿又さん

 1958年7月10日にサントスに着港したオランダ船テゲルベルグ号『渡航60周年記念同船者会』を7月8日午前11時から、サンパウロ市ニッケイ・パラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)地下レストラン別室で行う。
 同船は、横浜を出航した後、神戸、沖縄に寄港し、合計186人が乗船していた。同船者会の開催は、およそ10年ぶり。参加費はポルキロ形式の昼食代のみ。
 案内のため来社した鹿又信一さん、遠藤勝久さんは「移住した後に、それぞれブラジルでどのように生きてきたか。思い出のアルバムや映像なども持ってきてもらい、過ぎ去った時間を埋め合わせられれば。多くの方の参加をお待ちしています」と呼びかけた。
 参加を希望する場合は、鹿又さん(11・3275・3224)、もしくは、遠藤さん(同・3966・1208)まで連絡すること。なお、同船者の名簿作成も進めており、不参加の場合も、現住所及び連絡先の連絡を呼びかけている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】日本移民112周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 与儀上原昭雄2020年10月3日 【日本移民112周年記念】日本移民112周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 与儀上原昭雄  今を遡ること112年前の1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がサントス港に上陸して112年の歳月が流れました。そして今や、ブラジル日系社会は190万人を擁する大きなコミュニティーに発展いたしました。先達の皆様方の幾多のご労苦とご功績 […]
  • 特別寄稿=日系社会存続のためのヴィジョン22(22世紀に向かって)=日系社会の戦略的再構築・統合のための提言=サンパウロ市在住 足立操2020年7月9日 特別寄稿=日系社会存続のためのヴィジョン22(22世紀に向かって)=日系社会の戦略的再構築・統合のための提言=サンパウロ市在住 足立操 ①日系社会の現状と問題点 1.「今、日系社会の存続が危うい!」。こう言うと「何をそんなバカな!」と思われる方が多数おられると思います。  しかしながら、日系社会の現実を冷静に見つめ直すとリアルに日系社会の存続の危うさが浮かび上がってきます。みなさんの周りの身近にある […]
  • 1959年あめりか丸同船者会が中止に2020年4月3日 1959年あめりか丸同船者会が中止に  毎年4月に行われている「1959年あめりか丸同船者会」(世話役羽鳥慎一)が、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止することになった。  当紙を通じて発表するにあたり世話役の羽鳥さんは「皆様には誠に残念なお知らせですが、中止が余儀なくされました」と声を落としつつも […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • ■今週末の催し2020年2月13日 ■今週末の催し  15日(土曜日)  「集中セミナー/日本祭りの将来はどうなる?」(県連)、午後1時、県連会議室(Rua Sao Joaquim, 381)      ◎  第3回演奏会(ピニェイロス女声合唱団)、午後3時半、聖ヨハネ教会(Rua Coropé, 108, […]