ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》エタノールを販売店に直売する事を認める法案が上院通過=「配給業者たちの寡占にメス」と立案議員

《ブラジル》エタノールを販売店に直売する事を認める法案が上院通過=「配給業者たちの寡占にメス」と立案議員

 国内の製糖業界やエタノール業界の反対を押しきり、上院本会議は19日、液体エタノールを精製工場からガソリンスタンドなどの販売店へ直接販売する法案を賛成47、反対2で承認したと、20日付現地各紙が報じた。同法案は今後、下院での審議に移る。
 この決定により、エタノール供給チェーンから外された格好の配給業者を束ねる全国燃料・潤滑油配給業者組合(Plural)や、サトウキビ加工業者連合(Unica)、パラナ州生物エネルギー生産者協会(Alcopar)などは、販売コストが高くなり、製品の質も下がるとして反対している。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ