ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》岩塩層下油田開発権入札=落札金の分割受け取りを検討=来年度予算への温存狙う

《ブラジル》岩塩層下油田開発権入札=落札金の分割受け取りを検討=来年度予算への温存狙う

 年内に行われる予定の岩塩層下の油田(プレサル油田)入札で見込まれる、1千億レアルとも想定される収入が、燃料関係の補助金などで目減りしないよう、分割払いにするなどの措置を連邦政府は考えていると、20日付現地紙が報じた。
 油田の開発権入札では、鉱区の落札時にブラジル政府に支払う「ボーナス」(落札謝礼金)と、採掘した原油から上がる利益の何%を政府に支払うかの「パーセンテージ」を企業が〃競る〃。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ