ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》道路はガラガラ、小売がた落ち=W杯のブラジル代表の試合日

《ブラジル》道路はガラガラ、小売がた落ち=W杯のブラジル代表の試合日

 ロシアでのW杯でブラジル代表チームが試合を行う日は、公共機関も業務を停止したりしているが、第2戦が行われた22日の午前中は、道路もガラガラで、小売はがた落ちだったとのデータが発表された。
 シエロと呼ばれる会社の携行用カード読取機の使用場所や使用回数などを基にし、競合会社の機械や他の支払方法なども考慮して算出した、シエロ拡大小売指数(ICVA)によると、22日午後2時現在の小売販売は、通常の金曜日の平均売上を36・6%下回ったという。シエロ社は、この日1日の売上は、通常の金曜日の平均と比べて、26・4%少なかったと見ている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ