ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に

《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に

 【既報関連】サンパウロ総合大学(USP)医学部がサンパウロ市内6地区の住民ボランティアに行っている、新型コロナウイルスの免疫検査が8日に終了すると7日付現地紙サイトが報じた。
 この検査はサンパウロ市内のコロナ感染の実態を探るためのもので、4月17日現在で住民10万人あたりの感染者数が最多の3地区(モルンビ、ジャルジン・パウリスタ、ベラ・ヴィスタ)と、10万人あたりの死者数が最多の3地区(アグア・ラザ、パリ、ベレン)の住民ボランティア500人がコロナウイルスに感染した事があるかを調べている。
 ボランティアから採取した検体(血液)は、フレウリ研究所が分析しており、検査結果は各人にも知らされる。
 サンパウロ市での感染者数は、医療機関で診察を受けた重症者や医療関係者への検査結果が中心で、無症状の感染者や軽症で終わり、検査を受けるには至らなかった人達は、感染しているか否かもわからず、統計上の数字にも表れない。

 検査数が不足し、コロナウイルスへの感染の実態が十分に把握されていない事は、コロナ対策の今後を決めるためのネックとなっており、今回の検査によって実態解明が進めば、外出自粛緩和などの政策を決めるための一助になる。
 無作為抽出して送った手紙に応答した人達の中からボランティアは選ばれており、全ての年齢層を網羅するよう配慮されている。
 フレウリ研究所によると、サンパウロ市では10~20歳の感染者も相当数出ており、実態調査は重要な意味を持つという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」2020年5月14日 サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」  【既報関連】11日からサンパウロ市で始まった、ナンバープレートの末尾番号による乗り入れ規制(ロディージオ)が期待していたほどの効果を挙げていないと13日付現地紙、サイトが報じた。  11日から始まったロディージオでは、ナンバープレートの末尾番号が奇数なら奇数の日、偶数なら偶 […]
  • 《サンパウロ州》今年の母の日は8月?=コロナ禍でドリア知事が提案2020年4月25日 《サンパウロ州》今年の母の日は8月?=コロナ禍でドリア知事が提案  新型コロナウイルスによる商戦の打撃などを考慮し、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事が、「母の日」を今年は5月から8月に延したいとする意向を示している。  母の日は5月の第2日曜日で、ブラジルでは例年、「クリスマスに次ぐ、第二の商戦日」に位置付けられている。  だが、今年は […]
  • 《ブラジル》ボウソナロ大統領、コロナ禍でも営業できる「基幹業務」を拡げる=「州の権限脅かさず」とも2020年4月30日 《ブラジル》ボウソナロ大統領、コロナ禍でも営業できる「基幹業務」を拡げる=「州の権限脅かさず」とも  【既報関連】ブラジルのボウソナロ大統領は29日朝、コロナ禍の最中も営業が認められる「基幹業務」の定義を拡大する大統領令を出したと、同日付現地各サイトが報じた。  社会隔離政策として、基幹業務以外の営業停止令を発令しているサンパウロ州のドリア知事、リオ州のヴィッツェル知事など […]
  • 《ブラジル》低所得者層の電気代を免除=ネット、水道でも同様の動き2020年4月10日 《ブラジル》低所得者層の電気代を免除=ネット、水道でも同様の動き  【既報関連】新型コロナウイルス感染拡大による経済的打撃を和らげるため、ブラジル連邦政府は8日、低所得者層には4~6月の電気代を全額免除するという暫定令(MP)を出したと8日付現地サイトが報じた。  連邦政府による電気代免除期間は4月1日から6月30日までで、免除対象は月々の […]
  • 《ブラジル》企業の好感度調査でMルイーザが圧倒的な人気=隔離政策の積極協力が支持され2020年4月21日 《ブラジル》企業の好感度調査でMルイーザが圧倒的な人気=隔離政策の積極協力が支持され  新型コロナウイルス対策に伴う隔離政策開始後に行われた企業の好感度調査で、スーパーのマガジン・ルイーザなど、同政策に積極的に協力した企業の好感度が上がっていることがわかった。20日付エスタード紙サイトが報じている。  HSRという団体が行った最新調査によると、マガジン・ルイー […]