ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に

《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に

 【既報関連】サンパウロ総合大学(USP)医学部がサンパウロ市内6地区の住民ボランティアに行っている、新型コロナウイルスの免疫検査が8日に終了すると7日付現地紙サイトが報じた。
 この検査はサンパウロ市内のコロナ感染の実態を探るためのもので、4月17日現在で住民10万人あたりの感染者数が最多の3地区(モルンビ、ジャルジン・パウリスタ、ベラ・ヴィスタ)と、10万人あたりの死者数が最多の3地区(アグア・ラザ、パリ、ベレン)の住民ボランティア500人がコロナウイルスに感染した事があるかを調べている。
 ボランティアから採取した検体(血液)は、フレウリ研究所が分析しており、検査結果は各人にも知らされる。
 サンパウロ市での感染者数は、医療機関で診察を受けた重症者や医療関係者への検査結果が中心で、無症状の感染者や軽症で終わり、検査を受けるには至らなかった人達は、感染しているか否かもわからず、統計上の数字にも表れない。

 検査数が不足し、コロナウイルスへの感染の実態が十分に把握されていない事は、コロナ対策の今後を決めるためのネックとなっており、今回の検査によって実態解明が進めば、外出自粛緩和などの政策を決めるための一助になる。
 無作為抽出して送った手紙に応答した人達の中からボランティアは選ばれており、全ての年齢層を網羅するよう配慮されている。
 フレウリ研究所によると、サンパウロ市では10~20歳の感染者も相当数出ており、実態調査は重要な意味を持つという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]
  • 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で2021年2月26日 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で  保健所(UBS)でのコロナワクチン接種時に容器に残ったワクチンの廃棄を防ぐため、サンパウロ市保健局が60歳以上と医療従事者で事前登録した人への前倒し接種を行う事を認めたところ、好評で長蛇の列ができていると23、25日付現地紙、サイトなどが報じた。  保健局の決定は、優先グル […]
  • 東西南北2021年2月26日 東西南北  2019年に世界ナンバーワン・ゴールキーパーに選ばれた、ブラジル代表レギュラー、アリソン(28、リバプール)と、フルミネンセの正キーパーのムリエル(34)の父親のジョゼ・アゴスチーニョ・ベッケルさん(57)が24日、リオ・グランデ・ド・スル州ラヴラス・ド・スルで溺死した。ベッ […]
  • 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール2021年2月26日 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール  「発表を終えた時のParabéns!の文字は忘れられません」――静岡文化芸術大学(静岡県浜松所在)の2年生でポルトガル語を学ぶ山下夏実さんは、浜松から聖市のジャパン・ハウスに向けてオンライン発表を行った達成感を、そう綴った。2月22日に日本外務省、静岡県庁、ブラジル静 […]