ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》連邦議会=国家財政より自分の選挙=支持組織に大盤振る舞い

《ブラジル》連邦議会=国家財政より自分の選挙=支持組織に大盤振る舞い

 選挙を目前に控え、有権者や支持組織の印象を気にする議員たちが、困窮する国家財政をよそに、特定の業界などに恩恵を与えるような法案や、政府の税収が減りかねない法案を通していると、23日付現地紙が報じた。
 政府の経済スタッフらが自虐的に〃大盤振る舞い〃と評する政策とは、トラック運転手のスト後に承認された、「運輸業者への税制優遇措置」や「液体エタノールを精製工場からガソリンスタンドなどの販売店へ直接販売することを認める法案」などのことだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ