ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル国内のアルゼンチン人=W杯第3戦での代表勝利で狂喜

ブラジル国内のアルゼンチン人=W杯第3戦での代表勝利で狂喜

 ブラジル国内にはロシアで開催中のW杯出場国全てのコミュニティが大なり小なり揃っているが、隣国アルゼンチンが決勝トーナメント進出を決めた26日は、アルゼンチン人の代表的なコミュニティの一つ、ピアウイ州州都テレジーニャ市北部のアルゼンチナ街が興奮の渦に包まれた。
 アルゼンチナ街でのドラマは、初戦の対アイスランド戦での引き分け直後から始まったが、第2戦での対クロアチア戦での敗北で一段と重苦しさを増した。
 そんな空気を一掃してくれたのが、26日午後3時からの対ナイジェリア戦だ。ナイジェリアの選手の一人が試合の前、「この試合がメッシにとって最後のW杯での試合になるかも」と言っていたように、この試合で勝たなければ、アルゼンチンは予選リーグ敗退となるはずだった。
 試合は前半14分にリオネル・メッシが先制のゴールを決め、希望の光がさした。だが、後半に入ってナイジェリアが同点ゴールを決めると再び重苦しい雰囲気に。
 その重苦しさを取り払ったのは、後半40分にマルコス・ロホが決めた勝ち越し点だ。
 アルゼンチナ街の名付け親、ライムンド・ジュニオル氏は歓喜の余り、「やったぜ。この勝利で上昇気流に乗るぞ。ブラジルにも一泡吹かせてやらなくちゃ。これで流れが変わった。対フランス戦だって俺達が勝つに決まっているさ。誰も手なんか抜かないからな」と言い放った。
 16強入りを決めたアルゼンチンは、30日午前11時に、決勝トーナメント第1戦の対フランス戦に臨む。(26日付G1サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」2020年11月27日 マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」  【既報関連】25日に急死したアルゼンチンの伝説的サッカー選手、マラドーナの死をめぐり、サッカー界や政界、法王からも続々と弔辞が送られた。26日のアルゼンチンでの葬儀は国葬となった。26日付現地紙、サイトが報じている。  サッカー界ではまず、生前「どちらがサッカー史上 […]
  • マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説2020年11月26日 マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説  アルゼンチンが生んだ伝説のサッカー選手、ディエゴ・マラドーナが25日、ブエノスアイレス郊外のティグレで心不全のため亡くなった。60歳だった。  マラドーナは3日、体調不良によりコロナウイルス感染を疑って検査入院した際、硬膜下血腫と診断され手術。8日後に退院した後は自 […]
  • 東西南北2020年11月12日 東西南北  ボルソナロ大統領に「政界のミック・ジャガー」という、ありがたくないあだ名がつけられはじめている。世界的なロックスター、ミック・ジャガーはサッカーのW杯で応援するチームがことごとく負けるジンクスで有名。それに似ているというのだ。ボルソナロ大統領もここまで、アルゼンチン、ボリビア […]
  • サッカーW杯南米予選=ブラジル2勝目で勝ち点6=ネイマール代表得点歴代2位に2020年10月15日 サッカーW杯南米予選=ブラジル2勝目で勝ち点6=ネイマール代表得点歴代2位に  サッカーのブラジル代表チームは12日のW杯南米予選のペルー戦で、終始先行されるなどデフェンスの弱さとクリエイティブなプレーの欠如に苦しむ中、ネイマールがハットトリックで押し返して4対2で下した。また、期待のリシャルリソンは、184センチの長身を活かしたプレーで存在感を […]